耳に輪ゴムをかけるだけで小顔になるという魔法のような耳輪ゴム。たったそれだけで小顔やリフトアップが叶うなんて嬉しいですよね。
とっても簡単な方法なのですが、間違ったやり方だと効果がありません。
ぜひ正しい方法で、耳輪ゴムの効果を実感してみてください。

スポンサーリンク

耳輪ゴム健康法とは

耳輪ゴムは、筋肉の緊張を解消するセルフケア法。
歯科医の佐藤青児先生が考案された「さとう式リンパケア」の手法のひとつです。

さとう式リンパケアは、あごや耳の周りの筋肉だけでなく、全身の筋肉をゆるめてリンパ液が流れやすい状態にし、肩こりや頭痛など、全身の様々な症状を改善するというもの。

健康効果だけでなく、小顔やリフトアップ、シワたるみの改善など、優れた美容効果もある新しい健康・美容法です。

耳輪ゴムの効果について

筋肉はさまざまな原因によって緊張し、硬くなるとリンパがうまく流れなくなります。このような状態が長く続くとむくみの原因になります。

むくみの予防や改善には、筋肉をゆるめてあげることが必要。耳輪ゴムをすることで、むくみに対し、すぐに効果を実感できるというのです。

耳のまわりの筋肉がゆるみリンパが流れると、口角が上がり、目はパッチリ。
早ければ10分でリフトアップ効果が得られるとか。

首や肩まわりの筋肉がゆるめば、肩こりも改善されるし、とにかく耳輪ゴムを習慣にすれば、全身の筋肉の緊張が取れて、むくみによるお悩みの心強い味方になってくれます。

スポンサーリンク

耳輪ゴムの正しいやり方

さとう式リンパケアでは、筋肉をゆるめてリンパ液の流れを促します。
リンパ液を流れやすい状態にすることで、必要な酸素や栄養素を細胞に行き渡らせ、老廃物もスムーズに排泄することができます。

そのリンパを流すためには優しくふれることが大切。
耳輪ゴムの効果を出すためには、ごく弱い力でごく弱い刺激を与えることがポイントです。

強い刺激は、かえってリンパを滞らせることにもつながり逆効果。早く小顔になりたいからと、輪ゴムをきつく巻いたり、何本も巻いてしまうのは☓です。

耳に輪ゴムをかけたときに、締めつけ感がなく、ちょっとゆるいかな?くらいがベスト。
佐藤先生は、耳たぶが1~2㎜もちあがればよいとおっしゃってます。
ぜひ正しい方法で、耳輪ゴムをしてみてください。

耳輪ゴムのやり方
1.細い輪ゴムを用意する
2. 両耳に輪ゴムを1本ずつかける
3. 5~10分たったら外す

耳への締めつけ感がない輪ゴムのサイズは、女性は16号(内径38㎜)、男性は18号(内径44.5㎜)だそうですが、わざわざ測ったりしないですよね。笑

実際に鏡で見てみて、耳たぶの下側がほんの少し上がっていればOK。
逆に、耳がくにゃっと折れ曲がるのはNGです。

こちらの動画で、佐藤先生が輪ゴムのつけ方を教えてくれています。

さとう式リンパケアには、耳輪ゴム以外にも、お悩みに合わせたいろいろなセルフケアメソッドがあります。重要なポイントはやさしいタッチ。押さない、揉まない、引っ張らない、が基本になっています。

耳輪ゴムをする時は、ぜひ思い出して試してみてください。

耳輪ゴムの回数は?

耳輪ゴムは、一日何回行ってもよいそうです。

初めは、1回につき5~10分。
慣れてきたら、輪ゴムをずっとかけたままにしていてもOKです。

ただし、物足りないくらいの締めつけ感であることが大切。きつめの輪ゴムを長時間つけていると、逆効果で耳や頭が痛くなることがあるので気をつけてくださいね。

耳輪ゴム、夜寝るときは?

耳輪ゴムは、寝ている間もかけていてもよいそうです。
ただし、耳に違和感や締めつけ感などがあれば、すぐに外しましょう。
ちょっとゆるいかな?くらいの感覚で、まずは短時間から試してみてください。

耳たぶまわしもおすすめ

さとう式リンパケアの基本となる方法に、耳たぶまわしがあります。さとう式リンパケアの基本にして最重要のケア方法です。

耳たぶの下のほうをごく弱い力で回すことで、あごや耳の周りの筋肉がゆるみ、リンパの流れを促します。

動画でも説明されているのですが、これは耳たぶをやさしく小さくまわすのがポイント。ついつい力を入れすぎてしまう人が多かったようで、そこで誰もがもっと簡単にできて効果が高い方法として考案されたのが、耳輪ゴムなんだそうです。

耳たぶまわし、実は私も以前からやっているのですが、たるみやほうれい線対策にもおすすめですよ。よかったら試してみてくださいね♪

おわりに

耳に輪ゴムをかけるだけで小顔が手に入るなんて嬉しいですよね。

筋肉をゆるめることで、リンパの流れがよくなりむくみも取れるし、老廃物を排泄するデトックス効果もありそうなので、ぜひ続けてみたいなと思います。

耳輪ゴムは即効性もあるようなので、半信半疑の方は片方の耳に輪ゴムをかけて、その変化を確かめてみてください。肩こりも即効で改善するみたいですよ。
効果を出すには、ごく弱い刺激がポイントです。

スポンサーリンク
おすすめの記事