植木鉢のサイズは号数で表されますが、何センチの鉢なのか分かりにくいですよね。
また、苗を植木鉢に植えるとき、どれくらいの大きさの鉢を選べばよいのかも迷います。
植木鉢のサイズの一覧表と、植え付け・植え替えするときの植木鉢の選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

植木鉢のサイズの号数とは

植木鉢の大きさを表すサイズには、号(ごう)という単位が使われています。

号とは、寸(すん)を言い換えたもの。
日本では 1寸 ≒ 3.03㎝なので、1号鉢は鉢の直径が約3㎝の鉢になります。

たとえば、2号鉢は直径6㎝、3号鉢は直径9㎝の鉢。
このように、植木鉢のサイズは号数が大きくなるごとに、直径が3㎝ずつ大きくなります

丸い鉢の号数は鉢の一番広い部分の外寸(外側から外側)を測り、角形鉢の場合は1辺の長さを測ります。楕円形の鉢は一番広い部分の口径を測り、たとえばこちらの横幅30㎝の楕円計の鉢の場合は10号サイズになります
 

 
鉢の号数が分からないときは、
鉢の直径÷3=号数で計算します。

また、苗を植える鉢の号数は決まっているが、店頭の鉢に表示されていなくて不明のときは、号数×3=鉢の直径で計算して、その大きさの鉢を選びます。

植木鉢のサイズ一覧表

植木鉢の号数とサイズをまとめてみました。
合わせて、鉢ごとに必要な用土の目安量も参考にしてくださいね。

植木鉢のサイズ・号数一覧表
号数          直径          用土の量
  1号          3㎝            0.1ℓ
  2号          6㎝            0.15ℓ
  3号          9㎝            0.3ℓ
  4号          12㎝          0.6ℓ
  5号          15㎝          1.3ℓ
  6号          18㎝          2.2ℓ
  7号          21㎝          3.5ℓ
  8号          24㎝          5.2ℓ
  9号          27㎝          7.8ℓ
10号          30㎝          8.5ℓ
11号          33㎝          10ℓ
12号          36㎝          14ℓ

丸型や角型の植木鉢は「号」で表しますが、横に長い長方形のプランターのサイズは「型」で表されます。たとえば長辺が65㎝のプランターは深さにかかわらず65型になります。

植木鉢サイズの選び方

苗の植え付けでは、鉢選びの楽しみもありますよね。
おしゃれで可愛い鉢を選ぶこともあると思いますが、植木鉢のサイズも鉢選びの大事なポイント。植物に合った大きさの鉢を選びましょう。

苗を1株植える場合

鉢を選ぶときは、苗の入ったポットよりも1号大きなサイズの植木鉢を選びましょう

植物によって生長の速さも違いますが、生育旺盛だったり根がすごく張るなどの性質がわかっている植物の場合は、苗よりふたまわり大きな鉢に植え付けてもよいかもしれません。

植え替えする場合

植物の生長に合わせておこなう植え替えでは、ひとまわり=1号(約3㎝)ずつサイズを大きくしていきます。こちらも生育の速いものは、あらかじめふたまわり大きな鉢に植え替えをする場合もあります。

植物に対して、植木鉢が大きすぎても水が溜まりやすくなったり、小さすぎても水切れしやすくなってしまうので、植物の大きさや性質にあった鉢を選んでみてくださいね。

おわりに

植木鉢の1号、2号というサイズは「1寸=約3㎝」からきていて、鉢の直径を測ったものなんですね。これなら店頭に並んでいる鉢が何号か表記されていなくても、だいたいの大きさが分かりそうです。

新しい苗用に鉢を購入したり、植え替えをするときは、ひとまわり=1号分(約3㎝)大きな鉢を選んでみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事