5月5日はこどもの日。端午の節句ですね。
男の子の節句では、子どもの健やかな成長を願い、兜や鯉のぼりを飾ってお祝いします。
初節句のときって、どっちが必要なのか、両方あったほうがよいのか悩みますよね。
また、父方母方のどちらが用意するものなのか?
気になる初節句のお祝いについてご紹介します。

スポンサーリンク

兜や鯉のぼりを飾るのはなぜ?

端午の節句には、兜や鯉のぼりを飾り、子どもの健やかな成長や健康を願います。

鎧兜を飾るようになったのは、鎌倉時代。
武家で行われていた、鎧や兜を飾る風習がもととなっています。

鎧や兜は、戦いで自分の身を守る大切な役目を持つ道具でした。男の子が生まれると、災いがふりかからないよう無事に成長し、力強く立派な男子になるようにと願いを込めて鎧や兜を飾るようになりました。

鎧や兜には、身を守るためのお守りという意味があるんですね。

鯉のぼりを飾るようになった理由や込められている願については、こちらの記事もどうぞ。

兜と鯉のぼりどっちがいい?

兜も鯉のぼりは、どちらも子どもの成長を願うもの。
両方飾ってもよいですし、どちらかを飾っても問題ありません。

兜は身の安全と無事に成長することを、鯉のぼりは子どもの成長と立身出世を願って。
それぞれに込められた願いにすこし違いはありますが、子どもの成長や健康を願う気持ちに変わりはありません。

兜は収納しやすく片付けも簡単

もしどちらかを選ぶのであれば、個人的には兜などの五月人形がおすすめです。
兜は、飾るスペースに合ったものを選べるし、収納や管理もしやすいです。

兜や道具が飾り台にすべて収まるタイプも片づけが簡単ですし、飾るときも片づけるときも手間いらずの、こちらのようなケース入りの兜もとても人気です。
 

 
私のおいっこもケース入りの兜を毎年飾っています。
昔は、両方飾る家が多かったようですが、最近では兜だけ飾る家も増えてきていますね。

子どもは鯉のぼりが大好き

もちろん、鯉のぼりだけ飾ってもよいと思います。
小さい男の子は、兜の飾りよりも鯉のぼりのほうが喜ぶかもしれませんね。

昔と違って住宅環境も変化してきて、ベランダなどに飾れるサイズのものも多くあります。

ただ、撥水加工じゃない鯉のぼりは雨の日には飾れないし、管理も結構大変で、結局あまり飾らなくなった・・という話もちらほら聞きます。

 
両方となると金銭面のこともありますし、飾るスペースの問題もあります。どちらを飾りたいか、既に決まっている場合もあるかもしれません。

両方飾ってもどちらかだけでも決まりはないので、贈る側の都合や、貰う側の希望やスペースなども考えて選ぶのがよさそうです。

兜や鯉のぼりは誰が買う?

初節句の兜や鯉のぼりは、だれが買うのか決まりはあるのでしょうか?
父方か、母方か。それとも親が子どもに贈るのか。

これは地域によって風習が異なりますが、一般的には母方が用意することが多いようです。

昔からの風習では、初節句の兜や鯉のぼりは母方の祖父母が用意して、かわいい孫や嫁いだ娘の様子を見に伺ったんだそうです。

ただ、地域によっては、女の子の初節句は母方が、男の子の節句は父方が用意する、といった風習もあったり、どちらの節句も母方側が用意するという家庭も増えています。

現代では風習を気にしない人も多いでしょうし、それぞれの家庭によって事情も様々です。
初節句のお祝いはどうするか、両家で話し合ってみるのもよいかもしれません。

もめごとになったりしないように、家族みんなで穏やかに節句をお祝いしたいですね。

兜や鯉のぼりはいつ買う?

兜が最も多く店頭に出る時期は、2月下旬から4月上旬ごろです。
遅くなるほど、選ぶ選択肢が少なくなってしまうので、タイミングを逃さないように早めに選ぶのがおすすめです。

鯉のぼりは、飾る準備もあるので、4月の初めころには購入しておくのがよさそうです。
家紋や名前を入れないコンパクトな鯉のぼりの場合はすぐに飾れると思いますが、家紋や名前を入れる場合は、もう少し早めに注文しておくとよさそうです。

兜や鯉のぼりはいつ飾る?

兜は、4月中旬頃までには飾りつけしておくことで、落ち着いて節句を迎えられます。
遅くても1~2週間前の4月後半には飾りましょう。

昔から、前日に慌てて飾る一夜飾りはよくないと言われています。子どもの成長を願う年に一度の節句なので、毎年早めに飾ってあげるとよいですね。

鯉のぼりは、兜よりすこし早くて、お彼岸を過ぎたら飾るところもあります。一般的には、毎年4月の上旬になると鯉のぼりをよく見かけます。
地域にもよるかもしれませんが、鯉のぼりを飾る時期に明確な決まりはないようです。

おわりに

兜と鯉のぼり、両方飾らなくても問題ありません。
両方飾れるならなおよいと思います。
飾るスペースや金銭面など、それぞれの状況に合わせて選びましょう。

昔は両方飾ることが多かったようですが、現代は状況も変わってきています。また、地域によって風習も違いますので、両家でよく相談されてみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事