体にうれしいポリフェノールが豊富に含まれているチョコレートやココア。
嗜好品としてだけでなく、栄養面でもさまざまな効果が期待されている食品ですよね。

そんなカカオポリフェノールの一日の摂取量や効果的な摂り方、また私が最近飲んでいるハイカカオのココアについてもご紹介します。

スポンサーリンク

カカオポリフェノールとは?

赤ワインや緑茶、コーヒーなどに含まれる抗酸化物質のポリフェノール。

チョコレートやココアの主原料であるカカオ豆にも豊富なポリフェノールが含まれています。それがカカオポリフェノール。これを気軽に摂取できる食べ物がチョコレートやココアです。

チョコレートやココアには、エピカテキンやカテキンなどのフラバノールを豊富に含んでいて、健康にさまざまな利益をもたらすと考えられています。

たとえば、血圧低下や動脈硬化予防、アレルギーの改善、脳の活性化など、さまざまな効果が期待されています。また、便秘や冷え症の改善、血流の促進、ストレス抑制などにも効果があるとされ、研究が進められています。

カカオポリフェノールの一日の摂取量は?

日本チョコレート・ココア協会によると、
生活習慣病の改善などの健康効果を期待するには、一日に200㎎から500㎎くらいのカカオポリフェノールを毎日何回かに分けて摂取するとよいそうです。

生活習慣病の改善などの健康効果を期待するには、1日に200~500㎎ぐらいのカカオポリフェノールを、毎日、何回かに分けて摂取することをおすすめします。

チョコレートとココアに含まれるポリフェノール量は、商品によっても異なります。
一日の摂取量は、パッケージなどに表記されている含有量も参考にして取り入れましょう。

チョコレートやココアには、テオブロミンや少量のカフェインも含まれているので、子どもや妊婦さんは摂りすぎには気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

カカオポリフェノールをチョコレートから摂る

チョコレートに含まれるカカオポリフェノール量は、チョコレートの種類によってそれぞれ違いますが、おすすめは高カカオチョコレートのもの。

カカオ〇〇%と表示しているハイカカオチョコレートやビターチョコレートなど、カカオ分が高いほど、より多くのカカオポリフェノールが含まれています。

明治のサイトに商品ごとのカカオポリフェノール量が記載されていたので、参考にさせていただきました。
 

 
チョコレート効果なら、1枚5ℊのチョコを3~4枚で一日の摂取量が摂れそうですね。

昔からある、明治ミルクチョコレートやブラックチョコレートなどの板チョコにもカカオポリフェノールは含まれています。

明治ミルクチョコレート1枚(50ℊ)・・354㎎
明治ブラックチョコレート1枚(50ℊ)・・640㎎

厚生労働省では、一日に200k㎈程度の間食が適量とされているので、食べ過ぎには気をつけましょう。

カカオポリフェノールをココアから摂る

ココアでは、カカオ100%のピュアココアにカカオポリフェノールが多く含まれています。

たとえば、森永製菓「純ココア」では1杯(5ℊ)で180㎎のポリフェノールが摂取できるので、ココアからカカオポリフェノールを摂る場合は、一日1~2杯を毎日続けるとよさそうです。

ピュアココアではありませんが、バンホーテンのハイカカオは、ポリフェノール量が増量してリニューアルされていますよ。

バンホーテン ハイカカオ

こちらが私が最近毎日飲んでいるココア。
バンホーテンの調整ココア、ハイカカオです。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンホーテン ハイカカオ(200g)【バンホーテン】
価格:453円(税込、送料別) (2019/3/15時点)

 
こちらはバターやクリームの加工品などが含まれていますが、ピュアココアをたっぷり配合したハイカカオタイプのココアになっています。

砂糖も一応入っていますが甘さは控えめで、ほろにがく濃厚な味わいの大人のココアです。
 

 
ハイカカオココア1杯当たりに含まれるカカオポリフェノールは720㎎。一日1杯のココアで、かなりたくさんのポリフェノールが摂取できますね。

ココア1杯(120㎖)にティースプーン山盛り4杯(約23ℊ)を使うのですが、山盛り4杯ってこれくらい。結構多いですよね。
 

 
分量通り作ると、かな~り濃厚なココアです。

ティースプーン山盛り4杯分って結構アバウトなので、大さじで量ってみたら、大さじすりきり3杯分でした。なので、ハイカカオのパウダー大さじ1杯(約8ℊ)に含まれるカカオポリフェノールは240㎎。

日本チョコレート・ココア協会による、一日の摂取量の目安は200㎎~500㎎なので、大さじ1杯か2杯で十分なカカオポリフェノールが摂取できそうです。

チョコレート・ココアの効果的な食べ方は?

ポリフェノールは、体に早く吸収されるという性質があります。そのため、その抗酸化作用はわりと早く発揮されますが、体内にためておくことができません。

チョコレートやココアは一度にたくさん食べるのではなく、一日のなかで数回にわけ、毎日続けることが大切です。

たとえば、朝にココアを飲めば血流改善効果が期待できますし、エネルギー補給やおやつとして間食にチョコレートを食べるのもよいですね。カカオポリフェノールにはリラックス効果もあるので、ホっとひと息つきたい時間にもおすすめです。

おわりに

強い抗酸化力のあるカカオポリフェノールには、さまざまな健康効果や美肌効果も期待できるので、積極的に摂りたいですね。
ポリフェノールは体にためられないので、一日の適量を毎日コツコツと続けていきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事