私も大好きな花、オキシペタラム。通称ブルースター。
5月から次々と可愛い花を咲かせてくれてます。
6月に入り、ふと見てみると、花が終わったところに大きなサヤができていました。

ブルースターは、種の収穫ができ、増やしていける花です。
今回は、種を採取する時期や種まきについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

種を収穫するには

ブルースターは、花が咲いたあと、こまめに花殻を摘んだり、茎を切り戻したりします。
そうすることで次の花がよく咲くのですが、この場合は種の収穫はできません。

種を収穫したい場合は、ただ放っておけばOK!
花後に、8~10cmくらいの大きな紡錘形の実ができます。
それは、可憐で可愛いブルースターの花からは想像もできない姿。
初めて見た時は、なんじゃこりゃ~とビックリしました。笑

そして、このサヤが弾けると、白くふわふわの綿毛の付いた種が出てきます。

ブルースターは通称名で、本当の名前はオキシペタラム。
また、瑠璃唐綿(るりとうわた)という別名も付いています。
この綿毛の入っている姿からそう呼ばれたのでしょうね。

ブルースターは多年草ですが、2~3年育てると株が老化し、花つきが悪くなってくるので、種をまいて育てます。
さし木でも育てることができますよ。
綿毛が飛んで、こぼれダネでもよく増えるそうです。

種の採取・保管について

サヤの中の種が熟すと、全体が茶色くなってきます。
すこし開いてきて、綿毛の根本に種が見えてきたら収穫時。
十分熟すまで、そのままにしておいてくださいね。

綿毛が飛んでいくのが心配な場合は、お茶パックなど、なにか袋をかぶせておくとよいかも。
採取した種は、種をまく時期まで冷暗所で保管しておきます。
綿毛は発芽には必要ないので、種の部分だけでOKです。

スポンサーリンク

種まきの時期

結論から言うと、春でも秋でも種まきできます。
発芽に適した気温は20℃~25℃で、十分は暖かさのある時期。
春は4月~5月、秋は9~10月ごろに行います。

秋まきは、暖地の場合や室内で温度管理すれば、冬を越し、翌年に開花します。
でも、冬の寒さが苦手なので、春まきのほうが育てやすいです。

春に種をまいたら夏に開花し、種を収穫。
そして、また春に種をまいて育ててみてくださいね。

種まき

ブルースターは、根が地面に垂直に伸びる直根性で、移植を嫌います。
ジフィーセブンという市販の種まき土ポットで育てると、根が傷まずそのまま植え付けられ、ダメージがなくおすすめです。
苗が育ったら、土の中にジフィーセブンごと植え替えましょう。

1. トレイなどにジフィーセブンを並べ吸水させる
2. 5mm深さのくぼみに2~3粒ずつ種をまいて覆土
3. 発芽したら元気のよい芽を1本残し他は間引く
4. 10cmほどに生長し根が回ったら、早めに鉢などに定植する

秋まきの場合は、春まで待って植え替えます。
ジフィーセブンを使わない場合は、赤玉土などに種まきします。
こちらが便利なジフィーセブンです
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジフィーセブン 42mm 48個入
価格:1130円(税込、送料別) (2018/6/5時点)

おわりに

ブルースターの花期は、5月から10月ごろ。
これからまだお花を楽しめますので、大きなサヤが付いていないか見てみてくださいね。
はじめて見る方は、その姿にびっくりしてしまうかも。笑

ただ、実を付けるとやはり株に負担がかかってしまいます。
種を取りたい場合、夏にできたサヤは切り取っておき、秋口にできたものを収穫してみてください。

今年、種を取らない場合は、早めに切っておくと、秋までにまた花が咲いてくれますよ。
ブルースターの育て方や苗の植えつけ、冬越しの方法などは、こちらの記事も参考になさってください。

スポンサーリンク
おすすめの記事