日本人にとてもなじみ深い緑茶。
なかでも粉末状に加工した粉末緑茶は、茶葉の栄養を丸ごと摂れると注目されています。
急須要らずで茶殻も出ず、手軽に飲めるので、私も毎日飲んでいます。
今回は、健康や美容効果も期待できる粉末緑茶についてご紹介します。

スポンサーリンク

粉末緑茶とは

粉末緑茶は、煎茶の茶葉を粉末状に加工したお茶です。
粉末煎茶や粉砕茶とも言われ、粉茶や抹茶とは別ものです。
お湯で抽出して飲む緑茶とは違い、粉末緑茶は茶葉を丸ごといただくことができます。

粉末緑茶の一番よいところは、栄養分や有効成分を茶葉ごと摂取できること。
ふだん茶葉に残ってしまう栄養も、無駄なく摂れるのはとても魅力ですね。
急須要らずで茶殻も出ず、お湯や水に溶かして飲める手軽さもポイントです。

もちろん、急須でじっくり淹れるお茶もとても美味しいですし、利点も多くあります。
今回は、栄養を余すことなく摂取できるという粉末緑茶の利点に着目してみたいと思います。

粉末緑茶の栄養成分

緑茶には、ビタミンなどの栄養分のほか、カテキンやテアニンなどの有効成分が豊富に含まれ、その効果も美容面から健康面まで、幅広く期待されています。

いつも急須で淹れている緑茶には、本来の栄養成分の約3割しか含まれておらず、急須に残った茶殻のほうに70%も残っているのだそう。

それは、茶葉に含まれる成分には、水溶性と脂溶性があるためです。
水溶性の成分には、ビタミンCやカテキンなどがあります。
また、ビタミンA・Eなどは水には溶け出ません。

 水溶性成分  
  ビタミンC、ビタミンB1・B2
  カテキン、テアニン、サポニン、カフェインetc.

 

 不溶性成分  
  ビタミンA(βカロテン)、ビタミンE、食物繊維(不溶性)
  クロロフィルetc.

 
ビタミンCやカテキンなど水溶性の成分は、急須でお茶を淹れることで栄養を摂取することができますが、水に溶け出さない成分は茶葉に残ってしまう・・というわけです。
なんだかとってももったいないですね。

さらに、同じ量のお茶では、粉末緑茶のほうが、4倍以上多くカテキンを摂取できるのだそう。
茶殻をうまく活用できればよいのですが、毎日となるとなかなか難しく、粉末緑茶で飲むほうが効率はよいですね。

そのほかにも、茶葉には、カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウムなどのミネラルも含まれています。
飲みすぎるとカフェインの摂り過ぎになりますので、毎日適量をいただきたいですね。

スポンサーリンク

粉末緑茶のさまざまな効果

fa-envira美肌効果  
煎茶の茶葉には、ビタミンCがたくさん含まれています。
メラニンの生成を抑えて、しみやくすみの予防にも役立つビタミンC。
皮膚や粘膜のコラーゲン形成を助け、美肌効果が期待できます。
ビタミンCは水溶性ですが、粉末緑茶で飲むほうが約3倍多く摂取できるそうです。

fa-envira便秘対策  
緑茶に含まれる食物繊維の多くは、水に溶けにくい不溶性です。
不溶性の食物繊維は、腸で水分を吸収し、ぜん動運動を促してくれます。
茶葉でお茶を淹れる場合、食物繊維の効果はあまり期待できませんが、粉末緑茶であればたっぷり摂ることができます。
また、カテキンには、腸内の悪玉菌を減らして腸内環境を整えてくれる作用もあります。

fa-enviraダイエット効果  
緑茶の代表的な成分のカテキンには、体脂肪を減らしてくれる効果があります。
そして、脂肪細胞を活性化する働きもあります。
カテキンが脂肪を分解する酵素の働きを高め、脂肪の燃焼を促します。
カテキンは高濃度であるほうが体脂肪を減らす働きが強いと言われています。

fa-enviraアンチエイジング  
カテキンには、強い抗酸化作用があります。
ポリフェノールの一種であるカテキンが、老化のもととなる活性酸素の働きを抑えてくれるので、アンチエイジングに役立ちます。
美肌効果だけでなく、血管の老化も抑えてくれるので、生活習慣病の予防などの健康効果も期待できそうですね。
粉末緑茶をよく飲む方の血管年齢は、4、5歳若いというデータもあるそうですよ!

fa-envira風邪対策  
カテキンには、強い殺菌作用があります。
ウイルスや細菌の侵入も抑えてくれるので、風邪予防の効果が期待できます。
インフルエンザやO-157など、多くの菌に対して殺菌力を発揮します。
さらに、細菌が出す毒素を解毒する働きも持ち合わせているそうです。

fa-envira花粉症対策  
カテキンには、抗アレルギー作用があります。
抗アレルギー反応を起こす物質を抑制する成分が含まれていて、花粉症やアレルギーを緩和させる効果があると期待されています。
特に、べにふうきという品種のお茶に含まれるメチル化カテキンには、一般の茶葉に比べ強い抗アレルギー作用があると言われています。
濃いお茶にはカテキンも多く溶け出しているので、濃いめの粉末緑茶がおすすめです。

fa-envira動脈硬化予防  
お茶には、カテキンの一種であるエピガロカテキンガレートが豊富に含まれていて、血管の動脈硬化を減らすことがわかっています。
動脈硬化は悪玉コレステロールが酸化して起こりますが、エピガロカテキンガレートが酸化を防ぎ、悪玉コレステロールの数値を下げる効果が期待できるそうです。

お茶の中でも、特に煎茶にエピガロカテキンが多く含まれていて、お湯の温度が高いほど多く溶け出すのですが、それでも3割しか摂れないのだそう。
煎茶を粉末にした粉末緑茶なら、熱いお湯でなくても水に溶け出たエピガロカテキンガレートを効率よく摂ることができますね。

おわりに


カテキンの中でも多く含まれているエピガロカテキンガレート。
効果的に摂取するには、粉末緑茶で飲むのが一番よさそうですね。

もちろん、急須で美味しいお茶を淹れる手間や、それを楽しむ時間も大切です。
臨機応変に飲み方を変えて、さまざまな健康効果や美肌効果が期待できる緑茶の栄養を、これからも上手く摂り入れていきたいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事