小さな花びらがまるで青い星のように見えるブルースター。
とっても可愛いお花で、切り花やブーケでもよく使われます。
西洋では、結婚式や男の子誕生のお祝いに使われる幸せの花。
5月の開花に向け、そろそろ花芽をつけているころです。
秋口まで長く花が咲くので、これから育てて楽しんでみませんか♪

スポンサーリンク

ブルースターってどんな花

本当の名前はオキシペタラム。通称ブルースターで多く出回っています。
花言葉は「信じあう心」「幸福な愛」「星の精」。
可愛いお花にぴったりの素敵な花言葉ですね。

花びらの色は、咲き始めは紫がかった薄い青色で、だんだん青みが増し、咲き終わりのころはピンク色を帯びます。
ブルーのほかに、ピンク色や白、八重咲きの花も流通しています。
毎年花を咲かせる多年草です。

 fa-pagelines 開花期 5月~10月
 fa-pagelines 植えつけ 4月~7月
 fa-pagelines 肥料 5月~10月

ブルースターは、種の収穫が可能です。
花が終わったあと、大きなさやができ、中にふわふわの綿毛のついた種が入っています。
春に種を巻き、夏に種を収穫、そしてまた春に種をまきます。さし木でも増やせます。
初めて育てる方は、苗から植えて育てるのがおすすめですよ。

fa-hand-o-downこちらのお店では、栽培管理を行いながら、通年、苗を販売されています。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オキシペタラム ‘ブルースター’
価格:324円(税込、送料別) (2018/4/8時点)

 

ブルースターの育て方

ブルースターは、お日さまが大好きなお花。
寒さにちょっとだけ弱いですが、丈夫な花で、長く花を楽しむことができます。
日当たりと水はけのよい場所で育てます。

fa-envira苗の植えつけ
 植え付け時に、市販の草花用培養土に、元肥として緩効性肥料を混ぜておきます。
 根鉢を崩さず、やさしく植えてくださいね。
 地植えもできますが、霜や梅雨の長雨に弱いので鉢植えがおすすめです。

日当たりと水やり

fa-enviraよく日の当たるところで管理します。
 ブラジル原産なので、高温下でもよく育ちます。
 梅雨の季節は、軒下に移動させるか、雨よけをしてあげてくださいね。

fa-envira水やりは、土が乾いたらしっかりとあげます。
 ただ、水をやりすぎて過湿になると根が傷むので注意しましょう。
 花に雨や水がかかると斑点状に色抜けするので、水は株元にあげてくださいね。

肥料

追肥は、生育が盛んな初夏から秋口まで、月2~3回、液体肥料を与えると、長く花を咲かせてくれます。
冬の間は、肥料をやらなくても大丈夫です。

切り戻し

次々と花を咲かせ、草丈もぐんぐん高くなるので、添え木をしてあげます。
または、切り戻しをすることで株をコンパクトに仕立てることができます。

切り戻しの時期は、夏にひと通り花が咲き終わったころ。
そうすれば、枝分かれして、秋まで花を楽しむことができます。
切る場所は、必ず葉のある上の部分で、すこし茎を残してカットします。
切り戻したあとは、液肥を与えます。

また、花が咲いたあとは、こまめに花がらを摘み取ってくださいね。
ほうっておくと、種の入った実がついて株に負担がかかってきます。

fa-exclamation-triangle切り戻しをする時、切り口から白い樹液が出てきます。
    かぶれることもありますので気をつけてくださいね。

花後の種を採取したい場合は、こちらの記事も参考にしてください。

冬越し

ブルースターは、霜に当たらないようにすれば冬越しできます。
秋になり、花がすべて終わったら、株元から15㎝くらいのところで茎を切り、ベランダや軒下に移動させて、冬越しの準備をします。
関東地方より北の寒い地域は、室内で管理するとよいそうです。
なので、冬越しさせる場合は、鉢植えがおすすめです。

スポンサーリンク

おわりに


とっても可愛いブルースター。眺めているだけで癒されますよね。
私もベランダで育てているのですが、無事冬越しできました。
今、つぼみがたくさんついてて、花開くのが今から待ち遠しいです♪

ブルースターは丈夫なので、わりと育てやすい花です。
ポイントは、日が当たる場所で乾燥気味に育て、雨や霜にあたらないようにしてあげること。

多年草ですが、2~3年育てると株が老化し、花つきが悪くなってきます。
その時は株を更新して、また種か苗から育ててみてくださいね。
また、種やさし木でも増やせるので、私も今度挑戦してみたいと思ってます。

スポンサーリンク
おすすめの記事