ビタミンCたっぷりのレモン。最近は、国産レモンの流通も増え、皮ごと使ったレシピも多くありますね。
野菜やフルーツは、皮に栄養が多いと分かってはいるのですが、半分にカットして、レモン汁をしぼって終わり・・ということも時にはありませんか?
私も理想としては、レモンピールにしたり、刻んでケーキの生地に混ぜたりして、無駄なく使いたいところですが、なかなか皮まで活用できないことが多いです。
そんな時は、レモンの皮を捨てる前に、何かほかの用途に使ってみよう!
ということで、今回は、レモンの皮を使ったお掃除の方法や、その他の活用法ついて、ご紹介したいと思います。
レモンの皮は、油汚れを落とすなどのお掃除や、ほかにもいろいろといい仕事をしてくれるんですよ。

スポンサーリンク

レモンの成分について

レモンを食べて酸っぱいと感じる成分「クエン酸」が、掃除の面でも活躍してくれます。
クエン酸は、アルカリ性を中和させる性質を持っているので、アルカリ性の汚れを浮かせて落ちやすくしてくれるんですね。
たとえば、水あかや石けんかす、鍋の黒ずみなどの汚れに効果的です。
また、レモンの皮に含まれる「リモネン」という精油成分には、油汚れを落としてくれる効果があります。
それでは、まずはお掃除の方法から、具体的に見ていきましょう。

お掃除に使ってみよう

シンクや蛇口のステンレス磨きに

シンクの水あかや蛇口などのステンレスの部分を、レモンの切り口でこすります。
クエン酸の効果で、水あか汚れもスッキリ。ピカピカになりますよ。

コンロの周りの油汚れに

油汚れでベタベタしているところを、レモンの切り口でこすります。
リモネンという成分が、油汚れを溶かしてくれてよく落ちますよ。
クレンザーを使う前に、ぜひ試してみてくださいね。

電子レンジの掃除に

レモンの皮の部分を1個分くらいを庫内に入れ、1分加熱します。
汚れがあれば、皮の部分でこすってみてくださいね。
汚れもにおいもスッキリと取れますよ。
捨ててしまうレモン汁がある場合は、キッチンペーパーに浸して拭き掃除するのもよいと思います。

スポンサーリンク

調理道具や食器類にも使ってみよう

まな板の汚れ落としに

レモンの切り口をまな板にこすりつけたあと、すこし置いて洗い流します。
においも取れて、抗菌効果も期待できますよ。
洗い流したあとは、しっかり乾燥させてくださいね。

ガラス磨きに

グラスなどのガラス製品や鏡のくもり取りにも使えます。
レモンの切り口の白い部分に塩をつけて磨きます。
肉厚の皮は、キッチンスポンジの代わりとして使ってもよいですね。

茶しぶ落としに

こちらも、同じようにレモンの皮に塩をつけて使います。
塩素系の漂白剤を使いたくない方には特におすすめですね。

ポットなど火にかけられるものは、水とレモンの皮を入れて沸騰させて落とす方法もあります。
アルミ鍋の黒ずみも、この方法で落とせますよ。

その他の活用法

虫除けに

これは私にとっては新発見だったのですが、レモンの皮をなんと虫よけに使います。
レモンの皮をすりおろしたり小さく切って乾燥させ、ドアや窓辺につるしたり、部屋の隅に置いておきます。
クローゼットや、引き出しの中に入れておいてもいいですね。
ゴキブリや、蚊、ハエなどの害虫を寄せ付けない効果があるみたいですよ。

消臭剤として

ゴミ箱にレモンの皮を入れておくと消臭してくれます。
生ごみをレモンの皮と一緒に捨てるのもOK。
また、冷蔵庫にレモンの皮を入れておくと、さわやかな香り&イヤなにおいを消してくれます。

調理の時に手についた油汚れや、指先に魚などのにおいがついた時にも、レモンの切り口でこすると、汚れやにおいがとれます。
捨てる前のレモンがあったら、ぜひ試してみてくださいね。

レモンのさわやかな香りでリフレッシュ

お掃除やお皿洗いなど、いろんな方法でレモンの皮を活用したあとは、よい香りのおまけつき♪
レモンの香りが部屋中に広がって、リラックス効果が期待できますよ。
アロマの効果で気持ちまで明るくしてくれて、一石二鳥ですね。

まとめ


レモンの皮を捨てる前に、掃除に使う方法や、ほかにもいろいろな活用法ついてご紹介しました。
いままで捨てていたレモンの皮も、意外に使い道が多いですよね。
洗剤よりも安心して使えますし、環境にもやさしく、おまけによい香り。
どれも簡単にできるものばかりなので、捨てる前にぜひ活用してみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事