女性の多くが「コラーゲン」という言葉を意識した生活を送られているのではないでしょうか。
お肌のコラーゲンは、30代で40%減、50代では20%以下にまで減少する!なんて聞くと、じっとしてはいられませんよね。
私も日ごろから、サプリでコラーゲンペプチドを摂っていますが、できるならなるべく食事から摂り入れたい!と思っているところ・・
なんと、コラーゲンを増やしてくれる「α-EG」という成分が、酒かすに含まれているんですって!
酒かすの一日の摂取量など、ポイントを抑えて、ぜひ毎日の食生活に酒かすを摂り入れていきしょう。

スポンサーリンク

α-EGって何?

α-EGとは、日本酒に含まれている旨み成分で、α-エチル-D-グルコシドと言います。
このα-EGという成分が、ヒトの皮膚真皮層のコラーゲン量を増やすのだそう。これは、金沢工業大学の尾関健二先生の研究室と株式会社車多酒造の研究グループによって、世界で初めて実証されました。

α-EGは、日本酒だけでなく、日本酒のしぼりかすである酒かすにも多く含まれていて、この酒かすを日常的に摂取することで、お肌の線維芽細胞に直接働きかけ、コラーゲンの増殖を促進させてくれるというわけなのです。

加熱しても大丈夫?

ずばり、加熱しても大丈夫。α-EGは熱に強く、加熱しても効果が変わりません。
加熱OKとなると、料理にも使いやすいですね。

定番は甘酒や粕汁ですが、毎日いただくお味噌汁に酒かすをちょい足しするのもおすすめです。
私はカレーやクリームシチューなどの煮込み料理に酒かすを加えたりしますよ。

スポンサーリンク

一日の摂取量は?


酒かすの摂取量の目安は、一日50グラム。
大さじ山盛り1杯が25グラムくらいなので、一日だとだいたい大さじ山盛り2杯ですね。

2週間取り続けると、効果が期待できるそうですよ♪

酒かすを使った簡単甘酒レシピ

甘酒には、米麹を使ったものと酒かすを使ったものがあります。
今回は、酒かすを使った簡単レシピをご紹介します。

ミルク甘酒 (1~2杯分)

 ・酒かす 50g
 ・牛乳  150~200ml
 ・砂糖  適量

酒かすに少量の水をふり、レンジで温めてやわらかくねっておきます。
あたためた牛乳と合わせて、好みで甘みをつければできあがり。

コラーゲンの生成に必要なビタミンCを一緒に摂ろう


コラーゲンの生成には、ビタミンCが欠かせないとされています。
ビタミンCと一緒に摂取することで、コラーゲンの生成をより促してくれるんですね。
私もふだん、サプリのコラーゲンペプチドを摂る時に、「コラーゲン+ビタミンC」を意識して摂るようにしています。

せっかくコラーゲンを増やしてくれる酒かすも、たとえばキウイやイチゴなど、ビタミンCを多く含むフルーツと一緒にいただくことを意識してみてはいかがでしょうか。

料理に使う野菜では、加熱によるビタミンCの損失が少ないじゃがいもが扱いやすくておすすめです。

まとめ


酒かすはもともと好きで冷凍庫にいつも置いてありましたが、コラーゲンを増やしてくれる効果があるとは嬉しい発見でした。
また、酒かすはコラーゲンを増やしてくれるだけでなく、血流アップ効果も期待できるそうなので、冷え性の方も期待大ですね。

栄養のバランスを考え、日常的に続けて摂取することが大切ですので、ご自分の取り入れやすい方法で、毎日の食事に酒かすをちょい足ししてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事