毎年6月の第3日曜日は父の日。2018年は、6月17日です。
お父さんへの贈りものは決まりましたか?

母の日の花と言えば、カーネーションがすぐに思い浮かびますが、父の日の花って何か、イメージのわかない方も多いのではないでしょうか?
私も今まで父に花を贈ったことなんてないので、今まで考えたこともありませんでしたが、実は、父の日にもシンボルフラワーがあるんですよ。

父の日は、母の日と同様、アメリカ発祥の記念日です。
アメリカでは、父の日に赤いバラを贈る習慣があるんですって。
では、日本では、父の日の定番の花は何か、花言葉とともにご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

父の日のイメージカラーは黄色

アメリカでは、父の日に赤いバラを贈る風習があります。亡くなったお父さんの墓前には白いバラを。
その風習が日本に伝わり、今では父の日に黄色いバラを贈るようになりましたが、これには、日本ファーザーズ・デー委員会が開催している「父の日黄色いリボンキャンペーン」と関係があるようです。
『嬉しさ、楽しさ、暖かさ、幸せ、富貴、希望、向上』というステキな意味がある黄色が、父の日のイメージカラーとして広まっていったのですね。

父の日に贈りたい花

日本では、父の日に黄色いバラを贈るのが定着しているようですが、黄色いバラのほかにも、父の日におすすめの花がたくさんあります。
イメージカラーの黄色の花を中心に、花言葉も一緒に見ていきましょう。

バラ


父の日の定番となっている黄色いバラ。
お父さんの幸せを願って贈る、父の日の象徴の花となっていますね。
父の日に贈る花の中でも、一番人気の花ではないでしょうか。

黄色いバラには「献身」という花言葉もあり、お父さんに贈るのにぴったりだと思います。
ただ、「嫉妬」「別れ」など、ネガティブな意味の花言葉もあるんです。
どうしても花言葉が気になってしまうという方は、オレンジ色はいかがでしょうか。
オレンジのバラには「絆」「信頼」という素敵な花言葉があります。
また、白いバラにも「尊敬」という、父の日にぴったりの花言葉があるので、このような色を組み合わせて、花束を作ってもらうのもよいですね。

黄色いバラの花言葉・・「献身」「嫉妬」「別れ」
オレンジのバラの花言葉・・「絆」「信頼」「すこやか」
白いバラの花言葉・・「心からの尊敬」「清純」

ひまわり

父の日に贈る花として、バラの次に人気なのがひまわりです。
黄色くて明るい太陽のようなひまわりは、夏の花の代表ですね。
親しみやすくカジュアルな花なので、気軽に贈れますし、お父さんも受け取りやすいかもしれません。
花言葉も「憧れ」「愛慕」など、素敵な言葉が並んでいます。
ひまわりだけでなく、オレンジ系のバラと一緒に花束にしてもらうと、とってもゴージャスになりますよ。

ひまわりの花言葉・・「憧れ」「あなただけを見つめる」「愛慕」

ガーベラ

こちらも親しみやすいお花で、父の日に贈る花として人気です。
花色もさまざまあって、とってもカラフル。父の日のイメージカラーの黄色のガーベラは「親しみやすい」「やさしさ」といった花言葉を持っていて、大好きなお父さんに贈る花としてぴったりですね。
黄色やオレンジ系でまとめて元気なイメージの花束にしてもよいですし、ピンク色もやさしい雰囲気でとても可愛いですよ。

白いガーベラの花言葉・・「希望」「律儀」「純潔」
黄色のガーベラの花言葉・・「親しみやすい」「やさしさ」「究極の愛」
オレンジのガーベラの花言葉・・「冒険心」「我慢強さ」
ピンクのガーベラ・・「崇高な愛」「思いやり」

スカシユリ

気品や高級感のあるユリも、父の日によく贈られる花です。
ユリの女王として名高いカサブランカには「威厳」という花言葉があります。

ユリにはさまざまな品種があるのですが、中でもおすすめなのがスカシユリです。
スカシユリの全体的な花言葉には「親思い」「元気」などがあり、父の日に贈る花としてぴったりですね。
特に、ピンク色のスカシユリには「子としての愛」という花言葉があるんですよ。

スカシユリは、カサブランカのような大きなユリではなく、小ぶりで素朴な雰囲気のユリです。
父の日のイメージカラーの黄色や、オレンジ色のスカシユリも多く出回っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スカシユリの花言葉・・「注目を浴びる」「親思い」「元気」
ピンク色のみ・・「子としての愛」

私のおすすめ♪アジサイ


父の日のある6月は雨のシーズン。
イメージカラーの黄色ではないのですが、季節のお花のアジサイはいかがでしょうか。
「移ろい」など、ネガティブな意味の花言葉も多いアジサイですが、最近は、母の日に贈る花としても人気ですよね。
それは、アジサイの小さな花が寄り添いあって、大きな花のように咲いている姿が、家族の結びつきを表しているように見えるから。
「一家団らん」という花言葉を持つアジサイは、父の日にもぴったりだと思います。
鉢植えのアジサイは、お父さんにも育てやすいかもしれませんね。

アジサイのよい意味の花言葉・・「一家団らん」「家族の結びつき」「強い愛情」
白い紫陽花の花言葉・・「寛容」
青い紫陽花の花言葉・・「辛抱強い愛情」

スポンサーリンク

さいごに

父の日に贈りたいおすすめの花を5つご紹介しました。
定番となっている黄色いバラのほかにも、父の日にぴったりの花がたくさんあります。
お父さんに花なんて贈ったことがない方、何を贈ろうか決まらないという方も、今年はお花の贈りものをしてみませんか。
せっかく日ごろの感謝の気持ちを伝える日ですから、普段、恥ずかしくてうまく言えない気持ちを花言葉に込めて、お父さんに届けてみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事