春になると、鉢植えのアジサイが店頭に出回り始めますね。
新しい品種や変わった花色もどんどん増えてきて、アジサイが大好きな私は毎年目移りしてしまいます。
この季節になると、ベランダでアジサイを育てたいなぁと思うのですが、初心者には難しそうという先入観で、いつも眺めるだけでした。

それでも、ポイントさえおさえれば、意外に大丈夫!ということがわかり、アジサイがとても身近な存在に♪
鬱陶しい季節も、雨が似合う美しいアジサイを眺めていると、本当に癒されますよ。
今回は、鉢植えのアジサイの育て方について、長持ちさせて翌年も花を楽しむための方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

花が咲き終わったら剪定してみよう

アジサイの鉢植えは、春ごろから出回ります。
園芸ショップなどで買ってきたら、初心者の方は、7月ごろまでこのまま楽しみましょう。
花が終わってから、大きな鉢に植え替えをしますが、その前に、翌年また花を咲かせるために、剪定作業をします。

剪定のタイミングは、花が終わったらすぐか、7月半ばくらい。
遅くても7月末までには剪定します。

花が終わると言っても、アジサイは自然には散らないので、花が裏返ってきたり、少ししおれてきたら切ってしまいましょう。
花が終わってなくても、早めに切って、お部屋で切り花を楽しむのもよいですね。

剪定する場所
花から2節下で切り落とします。
節から小さな花芽が出ていればわかりやすいです。
芽を傷つけないように、そのすぐ上でカットします。

3節のところで剪定すれば、2節で剪定するよりも来年少しコンパクトに咲きます。
ただし、短く切りすぎると、翌年花が咲かないかもしれません。

花が咲いた枝だけ剪定しますが、この時、一斉に剪定することがポイントです。
今年花が咲いていない枝は、切らずに残しておきます。

そして、10月になると、花芽が出ているのが目で見てわかるようになるので、花芽のすぐ上をもう一度剪定します。

このように剪定をすることで、花芽にたっぷりと栄養が行き届き、翌年も良い花を咲かせることができます。
花が終わったら、毎年剪定をして、鉢植えアジサイを長く楽しみたいですね。

大きな鉢に植え替えよう

花が咲き終わって剪定をしたら、鉢の植え替えをします。
アジサイは、横に広がって根を張り、成長も早いので、ひと回りからふた回り大きな鉢に植え替えましょう。
鉢は、保水性があり、通気性がほどよいものを選びます。
通気性がよすぎても、水がすぐに乾いてしまいます。

植え替え方
まず、鉢底石を敷いた上に、水はけのよい土を入れます。
おすすめの配合は、赤玉土7:腐葉土3の割合か、赤玉土6:鹿沼土3:ピートモス1
初心者の方は、市販のアジサイ用の土でもよいと思います。
苗を植え付けたら、たっぷりと水をあげます。

スポンサーリンク

アジサイはお水が大好き

アジサイは、水を好むお花なので、水が切れないようにこまめに水をあげます。
水やりは、午前中、早い時間にしましょう。
 
春から夏にかけてはたっぷりと。
夏、枝を切り戻してからも、水を切らさないようにします。
秋からは、水やりを少し減らして、土が乾いたらあげる程度に。
冬、葉っぱが落ちてからも、水をあげてくださいね。

置き場所は半日陰がベスト

アジサイは、日当たりのよい半日陰が最も適した場所です。と言っても、ちょっとわかりにくいですよね・・
たとえば、直射日光や西日が強く当たらないような、明るめの日陰。
朝は日が当たるけど、午後は日陰になる、一日2~3時間くらい日に当たる、といった感じです。
季節に応じて、ほどよい日当たりのベランダに置いてみてくださいね。

気をつけることは、冬に霜に当てないこと。
また、春にしっかり日に当ててあげると、きれいな色のアジサイが咲くと言われています。

アジサイを冬越しさせよう

冬に0℃以下になって土が凍ったり、霜が当たらないようにしないといけないのですが、秋についた花芽を春に無事に芽吹かせるためには、しっかり低温におくことも大切です。
ただ、強い北風にさらされると、耐寒性があるアジサイもさすがに枯れてしまいます。
冬の温度管理はちょっと難しいですね。
日の当たる軒下などに移動させて、あとは、水も忘れないようにあげてくださいね。

冬の剪定について

アジサイの休眠期には、古い枝や細い枝を根本から取ってあげます。
枯れた枝もきれいに取ってあげましょう。
風通しを良くして病気を防いであげるためなので、株が混み合っていなければしなくても大丈夫です。
花芽の付いた枝は切り落とさないように気をつけてくださいね。

肥料について

アジサイは肥料をあげなくても元気に育ちますが、鉢植えできれいな花を咲かせるためには、適切な時期に追肥してあげます。
花が終わって剪定したら、9月ごろまでに1回、緩効性化成肥料を与えます。
秋の終わりから春にかけては、2ヵ月に1回くらい、有機質肥料を与えます。

大きな鉢に植え替えよう

鉢の底から根っこが伸びてきていたら、ひと回りか、もしくはふた回り、大きな鉢に植え替えましょう。
植え替えのタイミングは、花が終わったあとの剪定後に。
アジサイはどんどん大きくなるので、1、2年に1回くらいを目安に植え替えてあげるとよいですね。
それでも、ベランダで育てる場合だと、あまり大きくなりすぎても困りますよね。
そんな時はこちら↓

アジサイをコンパクトに育てるには?

もしも、翌年の花が咲かなくてもよいのなら、1/3の高さくらいまでバッサリと剪定することで、アジサイを小さく保つことができます。
数年に一度、思い切って剪定してみてくださいね。

病気や害虫からアジサイを守ろう

株が多湿になると病気になってしまうことがあるので、株元の枝をスッキリさせて、風遠しをよくしてあげましょう。  
病気になってしまった葉はすぐに切り落とし、市販の薬で対処してみてくださいね。

害虫については、春から秋にかけての生育期に虫がつきやすいです。
犯人はいろいろいるのですが、こちらも市販の薬でやっつけましょう。
かわいいアジサイが食べられてしまわないように、特に葉の裏側を気をつけて見てみてくださいね。

まとめ


鉢植えのアジサイを翌年も楽しむ育て方についてご紹介しました。
地植えのアジサイよりも手間がかかるかもしれませんが、鬱陶しい梅雨の季節、おうちでアジサイを眺められたらきっと癒されますよ。
切り花にしてもお部屋の中がパっと明るくなりますし、ドライフラワーにしてみるのも素敵ですね。
慣れてきたら、アジサイは挿し木で株を増やしたりもできるみたいなので、私もいつか挑戦したいなと思っています。

最近は、母の日にアジサイの鉢を贈ることも増えているようですし、今年はぜひ、鉢植えのアジサイを気軽に楽しんでみてくださいね。
そして、来年もまたきれいな花が咲いてくれますように♪

スポンサーリンク
おすすめの記事