日本オリジナル版とアメリカ製の2種類あるオキシクリーン。
特に、やさしさに徹底的にこだわったのが日本版オキシクリーンなのですが、日本版は泡立たないという声も・・。
日本版もしっかり汚れが落ちるのか、気になる口コミをまとめてみました。
アメリカ製オキシクリーンと比較してのレビューをぜひ参考にしてみてくださいね。

日本版オキシクリーン

こちらが、日本版のオキシクリーン。
アメリカ本社認定の中国工場で製造された中国製になります。

界面活性剤が入っていないことが、アメリカ製との一番の違い。
日本版オキシクリーンが泡立たないのはこのためです。

でも、界面活性剤が配合されてなくても過炭酸ナトリウムが力を発揮し、酸素パワーで汚れを徹底的に浮き出させ、しっかり落としてくれます。
洗浄力では、日本版とアメリカ製のものに違いはありません。

それぞれの配合成分や、アメリカ製との違いは、こちらの記事もご参考くださいね

fa-hand-o-right洗濯用洗剤ランキングをCheck【楽天】

楽天みんなのレビュー・口コミ

日本版オキシクリーンの楽天みんなのレビューです。
口コミ件数もかなり多いですし、
4以上なので、評価もよい感じですね。
 

日本版オキシクリーンの、アメリカ製と比べての評価はどうでしょうか。
今回は、どちらも使ったことがある人の口コミを見てみます。

 

今までアメリカのオキシクリーンを使ってました。日本版は泡立ちませんが効力は一緒だと思います!
 
アメリカの方をお試しで使ってみて良かったので、日本版が欲しくなり購入。日本版もきれいに白くなりましたので、リピートしたいと思います。
 
日本版もよいです。どちらも使いましたが、アメリカ版の方が泡立つ気がします。でも、白さは日本版もバッチリ。丸くてかわいい容器が日本サイズでいいですね。
 
アメリカ版オキシクリーンも長年愛用しています。肌荒れがひどくなってくると日本版を使っています。界面活性剤、香料不使用で肌に優しい漂白剤です。
 
前回はアメリカ版を購入しましたが、やっぱり日本語で書いてあるほうが安心で分かりやすいです。泡が少なく少し物足りないですが、同じようにキレイに落ちました
 
アメリカ版も購入しましたが、子どもが小さいので結局日本版ばかり使っています。 普通の洗濯の時に、洗濯洗剤にプラスして入れても使えます。 色もきれいなままで、黒い服の黒さがよみがえりました。
 
つけおき洗いやお風呂の掃除、家の中の色んな場所に使っています。アメリカ製のものは香りが苦手なので、日本版を愛用しています。
 
アメリカ製とは違うので泡立ちはしませんが、洗浄力は抜群でした。洗濯槽の洗濯で効果を実感しました。

fa-hand-o-rightそのほかの口コミはこちらからどうぞ【楽天】

おわりに

日本版オキシクリーンの、の少ない口コミを見てみると、中国製でガッカリしたという意見がいくつかありました。
私もメイドインジャパン好きなので、気持ちはよーくわかります。

アメリカ本社認定の中国工場で作られていますが、日本版オキシクリーンは、やさしさに徹底的にこだわった日本オリジナル成分を採用しています。
界面活性剤不使用で、香料も無添加。
環境やお肌のことも考え、やさしさと効果を兼ね備えたのが日本版なんですね。

洗浄力はどちらも同じなので、アメリカ版と日本版のどちらか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめの記事