SNSでも話題の漂白洗剤、オキシクリーン。
日本版は界面活性剤不使用で、人にも環境にも配慮した酸素系漂白剤です。

衣類やキッチン、お風呂場など、家中のお掃除に大活躍のお助けアイテム。
ただ、「日本版は泡立たない」という声もちらほらありますよね。
肝心の汚れ落ちはどうなのか、アメリカ製との違いも気になります。

スポンサーリンク

日本版オキシクリーンの特徴

全世界で愛用されているオキシクリーン。
日本オリジナル版とアメリカ製の2種類があります。

日本版のオキシクリーンは、やさしさに徹底的にこだわっています。
界面活性剤不使用で、香料も無添加。日本オリジナル成分を採用しています。
環境やお肌のことも考え、やさしさと効果を兼ね備えたのが日本版なんですね。

ただ、日本版オキシクリーンは、正確には日本製ではないんです。
正しくは、中国製。
日本版オキシクリーンは、中国のアメリカ本社認定の工場で製造されています。

アメリカ製オキシクリーンとの違い

上記のように、日本版のオキシクリーンには界面活性剤が入っていないことが一番の違いです。

界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをするもの。

日本版オキシクリーンがあまり泡立たないと言われるのは、この界面活性剤が入っていないからなんですね。

それでも、日本版とアメリカ製オキシクリーンの洗浄力に違いはありません

界面活性剤が配合されてなくても、過炭酸ナトリウムが力を発揮するんです。

自然界に存在する過炭酸ナトリウムと過酸化水素水を化合してつくられた、オキシクリーンの「酸素の泡」が、汚れを徹底的に浮き出させ、しっかり落としてくれますよ。

また、日本版のほうは、大容量のアメリカ製とは違ってコンパクト。
バケツ型のパッケージで、1.5kgと試しやすい容量なのでおすすめです。
お試しサイズのボトル入り500gもあります。

日本版オキシクリーンの原材料
過炭酸ナトリウム(酸素系)・炭酸ナトリウム

アメリカ製オキシクリーンの原材料
過炭酸ナトリウム(酸素系)・炭酸ナトリウム
界面活性剤・水軟化剤(洗浄補助剤)

ここがすごい!オキシクリーン

まだオキシクリーンを試したことのない方に、おすすめポイントをご紹介します。

1. 酸素パワーで強力に洗浄

オキシクリーンの洗浄力の秘密は、酸素のチカラです。
酸素の泡が、汚れを徹底的に浮き出させ、スッキリ洗浄します。
酸素パワーは、強力な洗浄力にもかかわらず衣類を傷めることが少なく、使うほどに驚きの白さがよみがえります。

2. 塩素系じゃないので使いやすい

オキシクリーンは塩素系漂白剤ではなく、酸素のチカラで汚れのみを洗浄します。
色柄ものにも安心して使えますし、刺激臭もないのでいいですね。

3. オキシ漬けで衣類汚れスッキリ

インスタで特に人気なのが、こちらのオキシ漬けfa-hand-o-down
しみついた調味料の汚れや、食べこぼし、血液のシミ、汗ジミ、黄ばみ、泥汚れなど、お湯にオキシクリーンを溶かして漬けるだけでキレイに落とせます。

 


水でも漂白除菌消臭できますが、お湯を使うとさらに効果が期待できます。

もちろん、毎日のお洗濯にもおすすめです。
いつもの洗濯洗剤にオキシクリーンをプラスしてくださいね。
衣類を色落ちさせず、頑固な汚れやシミだけを取って、ニオイもスッキリしますよ。

4. 洗濯以外にもいろいろ使える

オキシクリーンが使えるのは、衣類や布ものだけではありません。
キッチンやお風呂場、ベランダ、トイレなど、家中の色んな場所で使用できます。
たとえばキッチンでは、茶渋取り、まな板の除菌、シンクのお掃除などに使えます。
 

 
このほかにも、洗濯機の洗濯槽のお掃除や、換気扇の汚れもOK。
家中のお掃除の場面で活躍してくれるオキシクリーン。
これ1つあれば、もう洗剤をたくさんそろえる必要はないですね♪

まとめ

結論としては、日本版オキシクリーンも汚れはちゃんと落ちます!
界面活性剤が配合されてなくても、酸素パワーの強力な洗浄力でしっかりと汚れを落としてくれるんですね。
日本版とアメリカ製の洗浄能力にも違いはない、ということです。

なので、泡立ちのよさを求めるなら、アメリカ製オキシクリーンを。
環境やお肌のことも考えるなら、やさしさにこだわった日本版オキシクリーンがよいのではないでしょうか。

両方使ってみた人の口コミ評価は、こちらの記事をどうぞ

スポンサーリンク
おすすめの記事