暑くなってきて、蚊などの虫が気になる季節ですね。
市販の殺虫剤を使いたくないときは、虫が嫌がる天然の香りで虫除けを作ってみませんか。
今回は、エッセンシャルオイルを使った蚊除けスプレーの簡単な作り方をご紹介します。
お部屋や網戸にシュっとしたり、体にも使えますよ。

スポンサーリンク

虫除けスプレーを手作りしよう

夏が近づくと、イヤ~な蚊が出てきて困りますよね。
蚊取り線香を焚いたり、殺虫剤を使う手もありますが、あまり使いたくない方も多いはず。

そんなときにおすすめしたいのが、虫の嫌いな香りのスプレーを手作りする方法です。
香りには天然の精油(=エッセンシャルオイル)を使うので、安心して使用できますよ。

材料は、精製水と無水エタノール。
そして、虫の嫌いな香り成分を含む精油です。

それではまず、蚊が嫌がる香り成分にはどんなものがあるかご紹介していきますね。

虫が嫌いな芳香成分と精油は?

精油のなかには、虫除けに効果的なものがあります。
これらの精油には、蚊や虫が嫌がる成分が多く含まれ、夏の虫除け対策に役立ちます。

シトロネラール

精油に含まれるシトロネラールという芳香成分には、昆虫忌避作用があります。
この香りを嫌う蚊やダニに特に防虫効果あり◎

シトロネラールを含む精油には、シトロネラやユーカリレモンがあります。

シトラール

次に、シトラールという成分にも昆虫忌避作用があり、蚊が苦手な香りになります。

特に、レモングラスにはシトラールが多く含まれ、虫除けに効果が期待できると言われています。ただ「レモングラスは蚊に効かない」という意見もあり、私もシトロネラールを含むシトロネラ精油ほうが効果が高いかな・・と思います。

シトロネロール

ローズゼラニウムには、虫が嫌がるシトロネロールという芳香成分が含まれています。
ローズゼラニウム精油は、虫除けだけでなく、心やからだも癒してくれるやさしい香り。

いま、ベランダでローズゼラニウムを育てているのですが、ローズゼラニウムは別名「蚊蓮草」といって、精油だけでなく植物も虫除けになりますよ。
 
ただ、シトロネロールの蚊に対する効果は、シトロネラールより薄くなってしまうので、シトロネラ精油にゼラニウム精油をブレンドするのがよさそうです。

虫が嫌いな芳香成分を含む精油
シトロネラール
シトロネラ精油、ユーカリレモン精油 etc.
シトラール
レモングラス精油 etc.
シトロネロール
ローズゼラニウム精油 etc.

ユーカリレモン精油とレモングラス精油には皮膚刺激性があります。なので、こちらの精油は、体につけるよりも部屋や網戸にスプレーするのがおすすめです。
 

虫除けスプレーの作り方

スプレー容器に材料を入れて混ぜるだけで、簡単に虫除けスプレーができます。
精油をブレンドして作ってもOKですよ。

虫除けスプレーの作り方
材料(50㎖分)
精製水:45㎖
無水エタノール:5㎖
好みの精油:10滴

作り方
1 容器に無水エタノールと精油を入れてよく振り混ぜる
2 精製水を加えてよく振り混ぜる
3 使用する前によく振って使う

蚊除け効果は、精油の芳香成分にあります。
香りが弱くなったら効果も落ちるので、作りたてのものほど効果も高くなります。

虫除けスプレーには、アルコールと精油を加えるので、できればガラス製の容器がおすすめですが、こちらのポリエチレン製でも作ることは可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生活の木 ポリエチレンスプレー 50ml
価格:299円(税込、送料別) (2019/6/26時点)

おわりに

蚊などの虫除け対策が欠かせない季節になりましたね。

お肌の負担になる化学合成成分をなるべく使いたくない方に、精油を使った手作りスプレーはとてもおすすめ。ぜひお部屋や網戸に使ってみてください。

ユーカリレモン精油とレモングラス精油には皮膚刺激性があるので、十分にパッチテストをおこなうか、体に使いたい場合は、虫除け効果の高いシトロネラ精油に、香りのよいゼラニウム精油をブレンドするのがわたし的にはおすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事