甘酸っぱくて、姿もかわいらしいさくらんぼ。
一年のうちで限られた時期しか収穫できないので、旬の時期を逃さずに食べたいですね。
さくらんぼは、早生から晩生まで種類もさまざま。
流通する期間やさくらんぼの保存期間についてもご紹介します。

スポンサーリンク

さくらんぼが出回る時期は?

さくらんぼは、いちごと同じく追熟しない果物です。
一番おいしいときに収穫されるので、スーパーに出回る時期も同じタイミングになります。

さくらんぼには、早生種・中生種・晩生種があり、品種によって収穫時期が異なります。

ハウスものなど早く出荷されるものもありますが、全体的にはさくらんぼは5月下旬から7月中旬ごろに流通します。

さくらんぼの収穫時期
早生種・・5月下旬から6月上旬
中生種・・6月中旬から6月下旬
晩生種・・7月上旬から7月中旬

さくらんぼは、山形県が全国生産の約7割を占めています。たとえば、人気の佐藤錦は中生種で、ちょうど梅雨のころに旬を迎えます。

また、北海道では8月上旬までさくらんぼを楽しむこともできます。

早いものでは5月に入ると出回り始め、6月ごろに旬のピークを迎えます。美味しい時期を逃さないように、スーパーでチェックしてみてくださいね。

さくらんぼの種類

さくらんぼといえば、佐藤錦が有名ですよね。
最近ではほかにも多くの品種があり、それぞれ旬の時期も異なります。
5月から7月という短い旬の期間ですが、いろいろな種類を食べてみたいですね。

早生種 : 日の出、豊錦、香夏錦、紅さやかなど
中生種 : 佐藤錦、高砂、山形美人、南部錦など
晩生種 : ナポレオン、南陽、紅秀峰、月山錦など

早生種

収穫時期 : 5月下旬から6月上旬
 
豊錦(ゆたかにしき)
酸味が少なく甘みが引き立つ。果肉が柔らかい。

香夏錦(こうかにしき)
佐藤錦と高砂との交雑実生。酸味が少なく優しい甘さ。

紅さやか(べにさやか)
朱紅色の果肉。酸味がありさっぱりとした美味しさ。

中生種

収穫時期 : 6月中旬から6月下旬
 
佐藤錦(さとうにしき)
日本を代表する品種。酸味と甘みのバランスがよく濃厚な味わい。

高砂(たかさご)
アメリカ生まれ。甘さとしっかりとした酸味がある。あっさりした味。

山形美人(やまがたびじん)
佐藤錦の枝変わりの品種。甘みと酸味のバランスがよくジューシー。

晩生種

収穫時期 : 7月上旬から7月中旬
 
南陽(なんよう)
大粒で薄紅色の果肉。ジューシーでさっぱりした甘さ。

紅秀峰(べにしゅうほう)
大粒で果肉はやや硬め。酸味が少なくとても甘い。ほかの品種に比べ比較的日持ちする。

月山錦(がっさんにしき)
珍しい黄色いさくらんぼ。大粒でとても甘い。希少性が高くスーパーには並ばない。

さくらんぼの保存期間は?

さくらんぼはとってもデリケートな果物で、あまり日持ちもしません。
収穫してから2~3日で鮮度が落ちてしまいます。
保存には向かないので、購入入したらその日のうちに食べるのが一番。
鮮度をよくチェックしてから購入しましょう。

おいしいさくらんぼの見分け方

新鮮でおいしいさくらんぼを選ぶときのポイントは、粒の色や艶。

果肉がつやつやしていて光沢とハリがあり、鮮やかで色つやのよいさくらんぼを選びましょう。軸の部分も茶色くしなびていないもの、青々としているものが鮮度がよい証拠です。

日持ちのしない果物なので、なるべく新鮮なものを購入したいですね。

おわりに


さくらんぼの旬は、5月下旬から7月にかけて。
雨の季節が近づいてきたら食べ頃です。
さくらんぼの旬は短いので、おいしい時期を逃さないようにいただきたいですね♪

スポンサーリンク
おすすめの記事