白髪で悩んでいる方、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。
私も数年前から、生え際の白髪が急に増え始めて、美容院に行く回数を増やさないといけないなぁと思っているところ。これから先のことを考えると気が滅入ります。

そんな時、白髪には白ごま油がいい!という情報が耳に入ってきました。
それは、マハリシ南青山プライムクリニックの蓮村誠先生が勧めているごま油うがいです。

白ごま油なら、料理やお菓子作りにも使っているし、私もすぐにやってみたい!
白髪でお悩みの方も、ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

白ごま油うがいって何?

インドでは、古代より伝わるアーユルヴェーダという伝統医学があり、そのひとつにごま油うがいがあります。アーユルヴェーダでは、白ごま油はあらゆる病気を治すほか、白髪やほうれい線などを予防するアンチエイジング効果やデトックス効果があると言われています。

でも、加熱した白ごま油でうがいするだけで白髪が改善するって、なんだか不思議ですよね。
素人からすると、食べたほうが健康によさそうな気もしますが・・
白ごま油は、うがいするほうが効果があるみたいです。

口腔粘膜や舌の裏の血管は、吸収力が高く浸透しやすい場所です。
そのため、うがいすることによって、白ごま油に含まれる抗酸化物質が効率よく吸収され、体内の毒素を出してくれるのです。

また、白ごま油うがいは、白髪のほかにもいろいろな効果が期待できます。

白ごま油うがいの代表的な効果

白髪、薄毛、抜け毛の予防・改善
虫歯、口臭、口内炎、歯周病などの予防・改善
喉のケアや風邪の予防
お肌のハリつやupなど美肌効果
ほうれい線の改善

うがい用白ごま油の作り方

白ごま油は、一度加熱してから使用します。
粘膜に浸透しやすくなり、酸化も防ぐことができます。
料理用の温度計をご用意くださいね。

 
 1. 白ごま油を弱火で熱し、90℃になったら火から下ろす。
 2. 余熱で100℃まで上がればOK。110℃を超えないように注意してください。
 3. 冷めてから清潔な瓶に入れ、冷暗所で保存する。(3週間利用可能です)
スポンサーリンク

白ごま油うがいのやり方

アーユルヴェーダでは、白ごま油うがいは、朝起きてすぐの早朝か、16時から18時の間におこなうとよいとされています。
一日に何回おこなってもよいそうですよ。
それでは、実際にやってみましょう♪

 
 1. 白ごま油を大さじ1杯口に含む。
 2. のどまで行きわたるように、ガラガラと30秒うがいする。
 3. 口全体をクチュクチュと30秒ゆすぐ。

うがいが終わったら、ティッシュなどに吐き出して捨ててくださいね。
時間に余裕があり、より効果を高めたい方は、大さじ2杯に増やしてみるとよいそうです。
さらに、口に含んだら30分ほどそのままにしてから、うがいをします。
こうすることで、粘膜からのごま油の吸収がより高まるそうですよ。

白ごま油うがいのやり方はケンカツ!の記事を参考にさせていただきました。
 

まとめ

白ごま油でうがいするなんて初めての経験でしたが、白髪や口腔ケアだけでなく、ほうれい線とか、美肌にも効果が期待できるのが嬉しいですよね。
ただ、1日や2日で効果がでるものではなく、毎日の習慣として、長期的に続けることが大切。
私も効果を期待して、白ごま油うがいを続けてみたいと思います。
そして、効果が実感できたらご報告しますね。
白髪でお悩みの方も、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事