初夏になると出回る、甘くてみずみずしいびわ。
旬がとても短いので、本格的な夏がやってくる前に味わっておきたいフルーツです。
皮を剥いたり、大きな種があったり、すこし食べにくいびわですが、上手に剥く方法やおいしく食べるコツ、アレンジレシピもご紹介します。

スポンサーリンク

びわの剥き方

びわは、外側の薄い皮を剥いていただきます。
デリケートなくだものなので、強く押したりせず、やさしく剥いてみてくださいね。

びわは、皮を剥いたらそのままかぶりつくのも◎
ですが、今回は2つ割りか4つ割りにしていただく剥き方をご紹介します。

びわの剥き方
1 皮つきのまま、やさしく洗う
2 おへそに一本 or 十字の切り込みをいれる
3 手でやさしく2つ or 4つに割りひらく
4 種のまわりの薄皮をスプーンで取りのぞく
5 おへそのほうから皮を剥く

外側の皮は、最後に剥くのがコツです。
ヘタからよりもおへそからのほうが剥きやすいです。

2つ割りにするときは、アボカドを切るような感じで、ひねって割ってもOKです。

びわの変色を防ぐには?

びわは、カットしたらすぐに食べるのが一番。
切ると、茶色く変色していってしまうんです。

食べる直前に剥くのがおすすめですが、
すぐに食べない場合は、リンゴのように塩水につけたり、レモン水に浸けて色止めをします。
レモン汁をかけるのもよいですね。

びわの保存方法は冷蔵?常温?

びわは、長期保存には向かないくだもの。
おいしくいただくには、どのように保存すればよいのでしょうか。

びわは常温で保存することができるんです。
風通しのよい、涼しい場所で保存しましょう。

長く置いておくと傷みやすいので、購入後は2、3日以内には食べるようにしたいですね。

野菜室に入れてもよいのですが、びわは冷やしすぎると風味が落ちてしまいます。冷たいのを食べたいときは、食べる前に数時間冷やすとよいかも。

また、種をとってカットしたものを冷凍保存しておくこともできます。
冷凍びわを使ったスムージーはおすすめですよ。

びわを使ったアレンジレシピ

びわの長期保存として、ジャムにするアイデアもありますが、暑い季節なので、さっぱりしたひんやりデザートにしていただきましょう。

びわのスムージー

冷凍したびわとマンゴーを合わせたスムージーです。
フルーティーで冷たくて、暑い夏にぴったりですね。
 
Cpicon びわとマンゴーのスムージー by maiスムージー

出典:cookpad

 
牛乳やヨーグルトを加えてみたり、
ほかのフルーツにアレンジしてもおいしそうです♪

びわのゼリー

旬のびわがゴロッと入った涼しげなゼリーです。
アガーを使った、ふるふるのとろける食感です。
 
Cpicon 初夏の味✿びわゼリー by kaiko子

出典:cookpad

 
アガーは、ゼラチンと寒天のあいだのプルッとさ。
常温でも型崩れしないので、夏場にはおすすめです。
(ゼラチンは25℃くらいで崩れてしまいます)

びわのコンポート

レモン果汁とミントで作るさわやかなコンポート。
ライチリキュールを加えたオトナのレシピです。
 
Cpicon びわのハニーミントコンポート by 勇気凛りん岸田夕子

出典:cookpad

 
夏の暑さや疲れを癒してくれそうなレシピですね。
コンポートは長期保存にも向いています。

おいしいびわの見分け方

最後に、おいしいびわの見分け方をご紹介します。

新鮮でおいしいびわには、うぶ毛とブルームが残っています。果皮にはハリとツヤがあり、ヘタがしったりしているもの、色鮮やかなオレンジ色をしたものを選びましょう。

ブルームとは、ぶどうなどにも付いている白い粉のこと。この果粉には鮮度を保ったり病気を予防する働きがありますが、びわのブルームは袋がけのときに取れている場合もあります。

びわは、表面がツルツルしているものより、うぶ毛があるものを選んでみてくださいね。

おわりに

初夏から梅雨のころ、おいしい旬を迎えるびわ。
夏の訪れを感じさせてくれる、この季節だけの特別なくだものですよね。
皮が剥きにくかったり、種が大きかったり、すこし食べにくいところもありますが、旬のびわをおいしく上手に食べて楽しみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事