雨のシーズンが近づくと、そろそろ梅しごとの準備。
青梅も出まわりはじめ、今年は何を作ろうかなって考えたり楽しみな季節ですよね。
この時期しか採れない旬の青梅も、冷凍しておけばいつでも好きなときに使えますよ。
今回は、青梅の冷凍保存の方法や、冷凍青梅を使ったシロップ作りなどご紹介していきます。

スポンサーリンク

青梅は冷凍保存できる?

5月下旬から6月に入ると、青梅の収穫が始まります。
そして、7月上旬にかけて黄色く熟して完熟梅に。

梅の実が出回るのは、一年でこの時期だけです。
 

梅の旬の時期、忙しくてすぐに作れないときも、梅は冷凍保存することができるんですよ。

青梅を冷凍して、季節を問わずいつでも好きなときに、梅を味わってみませんか。

青梅の冷凍保存方法

それでは、さっそく青梅を冷凍していきましょう。

青梅を冷凍するときは、解凍後すぐに使えるように、丁寧に下処理しておきます。冷凍後に洗うこともできますが、先に洗ったほうが効率がよさそうです。

キズがあったり、傷んだものは取り除いておきます。

青梅の冷凍保存方法
1 青梅を丁寧に水洗いする
2 ペーパーなどで水気をしっかりふき取る
3 竹串でヘタを取りのぞく
4 ジッパーつきの保存袋に入れて冷凍する

冷凍保存する場合、アク抜きしなくてもOK。
使う分量ずつ小分けして冷凍すると便利です。
冷凍後、1年以内には使うようにしましょう。

冷凍青梅を使った梅シロップの作り方

冷凍した青梅を使った梅シロップの作り方です。

梅を冷凍することで組織がこわれ、エキスがでやすいので、生の梅より早くできあがりますよ。漬けているあいだ、発酵しにくいというメリットもあります。

梅シロップ作りには、同量の青梅と砂糖を使います。

砂糖は、上白糖やグラニュー糖、氷砂糖、ハチミツ、てんさい糖、きび糖、黒糖など、好みの砂糖で作ることができますよ。

冷凍青梅を使った梅シロップ
材料
冷凍青梅(砂糖と同量)
好みの砂糖
消毒した保存ビン

作り方
1 保存ビンに冷凍青梅と砂糖を交互に入れる
2 冷暗所に置き、毎日2~3回容器をゆする
3 10日くらいで梅の実を取り出す
4 シロップを煮たたせないように15分加熱
5 煮沸した容器に移し、冷蔵庫で保存する

冷凍青梅は、凍ったまま使います。
シロップは発酵をとめるために加熱します。
梅は酸が強いのでホーローなどの鍋がおすすめ。
シロップは冷蔵で3ヵ月くらい保存できます。

梅シロップの使い方

手作りの梅シロップは、暑い夏にもぴったり。

水やソーダで割ったり、かき氷のシロップにも◎
爽やかな梅の風味のシロップは、砂糖の代わりとして料理にも使うことができます。

今年の夏は、暑さによる疲れを癒すドリンクとして、梅シロップを常備しておきたいですね。

冷凍しておいた青梅を使って、時期をずらしながら、梅シロップを仕込んでみてください。

シロップから取り出した梅の使い方

シロップから取り出した梅はそのまま食べてもOK。

冷凍した青梅は、漬けこむとシワシワになって小さくなりますが、刻んでヨーグルトに入れたり、もうひと手間かけて、梅ジャムを作ったり、ケーキなどの手作りスイーツにも使えます。

梅シロップから取り出した梅で作る、甘露煮や梅ジャム、スイーツのレシピをご紹介します。

梅の甘露煮と梅ジャム

シロップから取り出した梅を甘露煮とジャムに♪
両方作れるうれしいレシピです。
 
Cpicon 簡単☆梅シロップの作り方☆普通のお砂糖で by <まっきー>

出典:cookpad

 
ふっくらした梅は甘露煮、残りはジャムにします。
ジャムは、カレーの隠し味に入れるとおいしいです。

梅の実とシロップ入りのマフィン

自家製青梅シロップを使ったマフィン。
梅の実も混ぜ込んで、梅風味たっぷりです。
 
Cpicon 青梅シロップのマフィン by *donchan*

出典:cookpad

 
さわやかな梅の香りのする夏向きのマフィンです。
生クリームなしでもおいしいですよ。

おわりに

雨のシーズンに収穫できる青梅は、冷凍して保存することができますし、いつでも使うことができてとっても便利です。

冷凍青梅で作った梅シロップは、暑い夏にもぴったりのさわやかドリンクに。取り出した梅もスイーツなどに使えるので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事