太陽の光を浴びて元気いっぱい咲くひまわりや朝顔。
夏には、ダリアや桔梗、睡蓮も美しく花ひらきます。
暑い季節に元気をくれる花、涼を感じさせる花を折り紙で折って楽しんでみませんか?
簡単につくれる夏のかわいい花たちをご紹介します。

スポンサーリンク

ひまわりの折り方

夏の太陽を思わせる黄色くて大きなひまわりの花。
たくさん折って、ひまわり畑にするのも素敵ですね。

この折り方では、両面同色おりがみを使うことで
花びらが全部黄色の色鮮やかなひまわりが作れます。

通常の片面に色のついた折り紙だとこんな感じに。
 

白い部分を色鉛筆などでぬってもいいですね。
種の部分は、折り紙を1/4サイズに切って使います。

真ん中の四角い紙は簡単に取り外せるので
ちょっとしたお手紙として使うのも楽しいかも♪

朝顔の折り方

爽やかな夏の朝、朝露にぬれて凛と咲く朝顔。
朝顔は、折り紙のなかでも人気のある夏の花です。

花は15㎝四方、葉は10㎝四方の折り紙を使います。
Kamikeyさんの作品は、ポップでかわいいですよね。

葉の部分は、ひまわりの種の部分に使った折り紙の残り(7.5㎝四方)を使ってみました。
 

最近では品種改良も盛んで、花色も本当にさまざま。
すきな色の折り紙で、色とりどりの朝顔をたくさん折ってみてくださいね。
 

ダリアの折り方

初夏から咲き始めるとっても華やかなダリアは
鮮やかな大輪で、まわりを元気にしてくれる花です。

夏の女王ダリアは、実は暑さがちょっと苦手。
夏を乗り越えれば、秋まで花を咲かせてくれます。
 

こちらの折り方は、3枚の折り紙を使います。
のりもご用意くださいね。

立体的な折り方で豪華なダリアですよね。
難しそうに見えますが、折り方はとても簡単です。

このような3つのパーツを折って、
 

のりで貼り合わせて、一輪の花に仕あげます。
 

私もピンク系でダリアの花をつくってみました。

ダリアは花色がとっても豊富で、青と緑以外はほとんどの色がそろっています。
黒蝶という黒っぽい魅惑的なダリアもあるんですよ。

桔梗の折り方

秋の季語、また秋の七草でもある桔梗ですが
開花期は6月から8月ごろで、夏に咲く花です。

美しい花姿の桔梗は古くから親しまれていて
明智光秀など武将の家紋にも多く用いられています。

まずは花を折り、

次に、葉とガク折ります。茎はまるめて作り
それぞれをボンドでくっつけて完成させます。

折り紙で桔梗を折るのは結構難しいのですが
こちらの折り方でなんとか折ることができました。


青紫の代表的な伝統色の桔梗色(ききょういろ)は
青みを帯びた紫で、平安時代から愛されていた色名。

白やピンクの花色もあり、八重咲きもあるんですよ。

睡蓮の折り方

夏の夜明けからゆっくりと花ひらく、幻想的な睡蓮。
睡蓮も、7月から8月にかけて咲く夏の花です。

こちらの睡蓮は、折り方自体はとても簡単です。

花びらを裏返すところだけ(2:15~)やさしくゆっくりと扱ってみてください。

睡蓮って、白やピンク、黄色のイメージがありますが、こんな青い睡蓮もあるんですね。
 

こんな美しい睡蓮、いつか育ててみたいです。
さて。私もブルー系の折り紙で折ってみました。
 

美しく清らかな蓮は天上の花にたとえられています。
仏壇にお供えする仏花と一緒に飾ってもいいですね。

おわりに

暑い夏に咲いてくれる花はたくさんありますが、代表的なひまわりや朝顔、ダリアのほか、涼し気な雰囲気の桔梗と睡蓮の折り紙もご紹介しました。

昔なつかしい折り紙。
久しぶりに折ってみると楽しいものですね。

暑い季節や雨の日、心静かに過ごしたい日など、折り紙を折ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事