5月の第2日曜日は母の日。今年、2018年の母の日は5月13日です。

母の日には、日ごろの感謝の気持ちを込めて、カーネーションを贈るのが定番となっていますね。

お花屋さんに並ぶカーネーションの切り花や鉢植えのアレンジメントは、赤やピンク系のものがよく見られますが、カーネーションの色はほかにもたくさんあるんですよ。

色によっては、あまり母の日におすすめできない花言葉を持つものもありますので、今回はカーネーションの色ごとの花言葉についてご紹介したいと思います。

ぜひ母の日のカーネーション選びの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

母の日におすすめなカーネーションの色は?

カーネーションの代表的な花言葉は「女性の愛」「感覚」「感動」「純粋な愛情」などですが、花の色によって花言葉が変わります。

それでは、色ごとの花言葉を見ていきましょう。

赤色のカーネーション

赤いカーネーションの花言葉は、「母への愛」「母の愛」「真実の愛」「愛情」などです。

母親に伝えたい想いが込められているので、母の日に贈るにはぴったりの色、定番の色ですね。

ただし、色味が深く黒味がかった濃い色の赤は、「私の心に哀しみを」という意味合いに変わってしまうので、鮮やかで明るい赤色のカーネーションを選びましょう。

ピンク色のカーネーション


ピンク色のカーネーションの花言葉は、「感謝」「あたたかい心」「気品」「美しい仕草」などです。

感謝という花言葉が入っているので、ありがとうという気持ちを伝えたい時にはぴったりですね。

毎年赤色のカーネーションを贈られているなら、ピンク色のカーネーションにも素敵な意味がありますので、こちらもおすすめ。やさしい雰囲気のお母さまにいかがでしょうか。

オレンジ色のカーネーション

オレンジ色のカーネーションの花言葉は、「熱烈な愛」「純粋な愛」「情熱」などです。

愛情にあふれた花言葉を持つ色ですが、母親に対する想いというよりは、恋人への愛をイメージさせる花言葉ですよね。

ただ、太陽のように明るいオレンジ色は、気持ちを元気にしてくれる色ですので、母親に元気になってほしいという気持ちを込めて贈るのにはよいかもしれませんね。

青色のカーネーション

青色のカーネーションの花言葉は、「永遠の幸福」です。

青色というより紫色の花色。寒色ですが、幸せを願う前向きな花言葉を持っているので、母の日にもぴったりです。

「ムーンダスト」という名前がついている青いカーネーションは、サントリーグループが1995年に世界で初めて開発に成功した、青色色素を花弁にほぼ100%含む世界で唯一の青いカーネーション。

「月の光のようにやわらかな包容力のある花に」という想いがこめられた名前で、母の日に贈るカーネーションに向いていると思います。

また、ムーンダストとは別の、紫色のカーネーションは「気品」「誇り」という花言葉を持っています。

紫色のカーネーションは珍しく、あまり見かけることはないのかもしれませんが、上品で優雅なイメージがあり、こちらも母の日におすすめです。

母の日に贈る際に注意が必要な色は?

白色のカーネーション

白いカーネーションの花言葉は、「私の愛情は生きている」「亡き母を偲ぶ」「尊敬」などです。

白いカーネーションは、亡くなった母親を偲び、生前の感謝を込めて贈るものとされています。

尊敬という花言葉もあり、白いカーネーションは可憐でとても素敵ですが、贈る際にはすこし注意が必要です。

黄色のカーネーション

黄色のカーネーションの花言葉は、「軽蔑」「嫉妬」などです。

華やかでパっと目を引くかわいい黄色ですが、母の日に贈るカーネーションとしては、あまり嬉しくない花言葉ですね。

黄色がお好きなお母さまにどうしても贈りたい場合は、オレンジがかった黄色を選ぶとよいかもしれません。

スポンサーリンク

花言葉のまとめ

赤「母への愛」「母の愛」「真実の愛」「愛情」
ピンク「感謝」「あたたかい心」「気品」「美しい仕草」
オレンジ「熱烈な愛」「純粋な愛」「情熱」
青「永遠の幸福」
紫「気品」「誇り」

白「私の愛情は生きている」「亡き母を偲ぶ」「尊敬」
黄「軽蔑」「嫉妬」
暗めの赤「私の心に哀しみを」

さいごに

カーネーションの色ごとの花言葉についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

同じカーネーションでも、色によってこんなにも意味が違うのですね。

今年、お母さまに贈るカーネーションの色に迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

もしかしたら、花言葉にとらわれず、お母さまが好きな色や喜んでくれそうな色を贈るのが一番かもしれませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事