子どもの運動会で悩ましいのが当日着ていく服装。
たくさんの人が集まる運動会なので、どんなコーディネートがよいのか悩みますよね。
動きやすいカジュアルスタイルが基本ですが、おしゃれも楽しみたいし体形カバーもしたい。
そんな40代ママにおすすめのおしゃれな運動会コーデをご紹介していきます。

スポンサーリンク

運動会にはどんな服装で行けばよい?

気候がよくなり、そろそろ運動会のシーズン。
お弁当の準備もあって、なにかと忙しいですよね。

子どものがんばる姿を見られる楽しみな運動会ですが、ふと気になるのがママの服装。

動きやすいのが一番だけど、カジュアルになり過ぎてないか、はりきりすぎて浮いてないか悩んだりして、何を着たらよいのか分からなくなってしまいます。

きちんと感のある40代のおしゃれな運動会コーデって、どんな服装なのでしょうか。

運動会では動きやすいスタイルがおすすめ

親子参加の競技が多い幼稚園や保育園の運動会。

小学校の運動会では、保護者の参加競技は少なくはなりますが、綱引きやリレーに参加することもあるかもしれません。

また、競技に参加しなくても、観覧する場所を確保したり、写真やビデオ撮影をしたり。運営のお手伝いもあったりと、なにかと動きまわることが多いもの。

いずれにしても、運動会コーデは、動きやすさを重視したファッションが必須です。

せっかくの運動会も、動きにくかったり靴の着脱がしにくいと楽しさも半減。子どもを全力で応援できるように、ママの服装も万全に備えておきたいですね。

ママコーデは、TPOをわきまえることが大前提。
運動会ではカジュアルな着こなしが基本ですが、カジュアルすぎても若づくりに見られたり、ゆるすぎるスウェットやジャージでは、ちょっぴりおばちゃんぽい印象になってしまうかも。

動きやすいスタイルに適度なオシャレをとり入れ、体形カバーも考えた40代にぴったりのファッションで、運動会を楽しみましょう。

1 シャツ+ゆったりパンツ

運動会にはやっぱりパンツスタイルが最適

シャツやTシャツなどにパンツを合わせた、カジュアルなコーデがおすすめです。

なにか競技に参加する場合は、Tシャツに伸縮性のあるパンツ、靴はスニーカーがベスト。

競技に参加しない場合でも、カメラを持って立ったり座ったりしたり、レジャーシートの上でお弁当を食べたりするので、ストレッチ素材のものや、腰高でゆったりしたパンツがよいでしょう。靴も着脱が簡単で動きやすいものがよいですね。

運動会コーデは、Tシャツに細身のパンツスタイルが定番ですが、ゆるパンツも◎


ゆるっとワイドなロングボトムなら、動きやすさプラスおしゃれにも見せてくれますし、40代の気になる体系もすっきりとカバーしてくれます。

このとき、くるぶしを見せるのもポイント。
ワイドパンツは、足首の見える丈感がすっきりとした印象を与えてくれます。

シャツはコンパクトなものか、インするのが◎
下半身カバーに、シャツか薄手のジャケットを腰巻きしてもよいですね。

注意点は、露出をなるべく抑えることです。
立ったり座ったりすることの多い運動会では、大きく胸元のあいたシャツやしゃがんだときに下着が見えてしまうパンツはNG。まわりも困ってしまいますし、日焼けも気になりますしね。

また、下着が透けて見えないことや、汗染みが目立たない色を選ぶことも大切です。

次に、日焼け対策にもなる、羽織りものを合わせたコーディネートをご紹介します。

2 ロングアウターを重ねる

動きやすさ重視だけど、ちょっとしたオシャレは楽しみたい運動会のコーディネート。

シンプルなパンツにスニーカー、Tシャツやボーダーを合わせたカジュアルコーデに、ガウンやロングカーディガンを羽織ったり、シャツワンピースをアウター風に重ねるコーディネートはいかがですか?


引き続き、今季も流行しているシャツワンピース。

1枚で着るのはもちろん、春でも秋でも、羽織りものとしても大活躍するアイテムです。

シンプルなトップス&パンツのカジュアルなコーデも、羽織るものでアクセントを加えることで、おしゃれ度もぐっとアップ。寒色系の小花柄なら甘さをおさえ、大人っぽさのある落ち着いた着こなしに。

羽織りものは日焼け対策にもなりますし、寒暖差のある季節なので、一枚あると安心です。
なにより、気になるお尻や太もも部分をカバーできるのがうれしいですよね。

風を通す軽やかなリネン混の素材を選べば、汗をかいてもさらりと着られますし、ゆるロングボトムと合わせても重たく見えず、おしゃれに着こなせますよ。
 

運動会では日焼けにも注意

春でも秋でも、運動会では日焼けにご用心。

青空のもとでおこなわれる運動会は、太陽の日差しを遮るものがありません。
保護者席はスペースも限られているので、日傘だと迷惑になったり、禁止されていることも。

日傘を差さなくても大丈夫なように、しっかりと紫外線対策をしておきましょう。

日焼け止めをしっかり塗る
UV機能付きの帽子をかぶる
UV機能付きの長袖を羽織る

とにかく日陰のすくない運動場。
曇りの日でも紫外線はサンサンと降り注いでいます。

 
UV効果の高い日焼け止めクリームと、長袖と帽子は運動会の必須アイテムです。
半袖の場合はアームカバーを準備したり、サングラスをかけてもよいかもしれません。

また、春や秋でも猛暑となることもありますので、熱中症対策も十分しておきたいですね。

おわりに

子どもの頑張りをたくさん応援してあげたい運動会。
参加競技があってもなくても、立ったり座ったり動きまわることが多くなります。

運動会の服装は、TPOをわきまえた動きやすさ重視のスタイルが基本です。40代なら、カジュアルさに大人っぽい落ち着きをプラスしたコーデがよいですね。

シルエットがゆるっとしたパンツを選んだり、ガウンやロングシャツワンピースなどをサラリと羽織ることで、女性らしいフェミニンさをプラス。肌寒いときや日焼け対策にも重宝しますし、気になるところのカバー効果も期待できますよ。

屋外で長い時間おこなわれる運動会。日焼けや熱中症にも気をつけて、アクティブでもキレイを忘れないおしゃれママコーデで、運動会を楽しみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事