この季節、モッコウバラが見事に咲いていますね。
一輪一輪は小さくて可憐な花だけど、一面に咲き広がる姿はとても美しく見応えがあります。
秋篠宮眞子さまのお印でもある可愛いモッコウバラ。
バラだけど棘もない、花言葉も素敵な花なんですよ。

スポンサーリンク

モッコウバラとはどんな花?

モッコウバラは、常緑低木の一季咲きつるバラ。
日本には、江戸時代中期に入ってきました。

バラと言っても、華やかな薔薇とは違い、小さな花をたくさん咲かせるとても可憐な花。
花色は、黄色と白の2種類あり、それぞれ一重咲きと八重咲きがあります。

枝にトゲがないのもモッコウバラの特徴のひとつ。
芳香は、白いモッコウバラだけにあります。

モッコウバラ
英 名 : banksia rose
和 名 : 木香薔薇、木香茨
科 属 : バラ科バラ属
花 色 : 黄、白
原産地 : 中国西南部

実家の庭にも咲いているのですが、とても丈夫で育てやすく、生育もとっても旺盛。
毎年どんどん大きくなっている気がします。笑

年に1シーズンだけ一斉に花開く一季咲きのバラ。
モッコウバラが咲くのは、いつごろでしょうか。

モッコウバラが咲く時期はいつ?

モッコウバラは、薔薇シーズンの幕開けを告げる花。
開花期は、4~5月ごろです。

毎年GWのころには、モッコウバラが見頃に。
 

黄モッコウバラの開花のあと、白モッコウバラが咲き始め、優しく甘い香りを放ちます。

黄色や白の可憐な花が一面に咲き広がる姿は見応えがあり、春の庭を明るく彩ります。
 

眞子さまのお印のモッコウバラ

優しいクリーム色の可愛らしいモッコウバラの花。
モッコウバラは、眞子さまのお印でもあります。

お印(おしるし)とは、日本の皇族の方々が身のまわりの品などに印されるマークのこと。

新天皇陛下のお印は、梓(あずさ)。
新皇后 雅子さまのお印は、ハマナス。

上皇さまのお印は、榮(えい)という漢字。
榮は、花が盛んに茂る様子を表します。
そして、上皇后 美智子さまのお印は、白樺です。
 

1991年10月、眞子さまご生誕から7日めの命名の儀で、モッコウバラが眞子さまのお印と定められてから、この花の人気がより高まりました。

皇嗣 秋篠宮さま、皇嗣妃 紀子さまともにこの花がお好きで、紀子さまが選ばれたそうです。

眞子さまのお印のモッコウバラは、八重の黄モッコウバラ(ロサ・バンクシアエ・ルテア)。

皇居東御苑では、4月下旬から5月ごろ、八重咲きの黄モッコウバラや白モッコウバラが咲き誇ります。素敵な庭園を私もいつか訪れてみたいです。

モッコウバラの花言葉は?

モッコウバラの和名は、木香薔薇。

この名前は、中国名の「木香花」からきていて、白モッコウバラの香りが、生薬の木香(=キク科モッコウの根を乾燥したもの)に似ていることからつけられたと言われています。

さて。モッコウバラの花言葉はこちらです。

モッコウバラの花言葉
純潔
初恋
素朴な美
幼いころの幸せな時間
あなたにふさわしい人

素敵な言葉ばかりで、まさに眞子さまにふさわしい花、ぴったりの花言葉ですね。

「あなたにふさわしい人」という花言葉は、つる性のモッコウバラが、なにか寄り添うものがあれば、どこまでも伸びていくことから付けられたのだとか。

日本では、黄モッコウバラがよく知られていますが、モッコウバラの基本品種は、一重咲きの白モッコウバラ “ロサ・バンクシアエ・ノルマリス”です。

「純潔」や「初恋」といった花言葉は、ほのかに香る白モッコウバラの清楚な雰囲気からつけられたのかもしれませんね。

おわりに

眞子さまのお印である、八重の黄モッコウバラ。
庭に植える花としてもとても人気があり、この季節になると、美しく咲き誇る八重の黄モッコウバラをあちらこちらで目にします。

花言葉も素敵なものばかりですし、鉢植えで育てることもできます。一年に一度、春のお楽しみに、育ててみてはいかがでしょうか♪

スポンサーリンク
おすすめの記事