春から秋まで長く花を咲かせてくれるペチュニア。
花色や咲き姿など種類が豊富で、暑い夏にも色とりどりの花を楽しむことができます。
そんなペチュニアは挿し芽でも増やしやすい花。
成功率も高めなので、お気に入りのペチュニアの挿し木に挑戦してみませんか?

スポンサーリンク

ペチュニアの挿し木の時期は?

ペチュニアは、挿し芽で増やすことができます。
発根率も高めなので、成功すると楽しいですよ。

ペチュニアの挿し木の適期は、春から秋。
真夏と寒い冬をのぞいた、4月~7月上旬か、9月~10月ごろが適期となります。

春の新芽を摘み取って挿したり、冬越し前の保険として秋に挿しておくのもよいですね。

ペチュニアは、梅雨の前と、そのあとも何度か切り戻しをするので、剪定した枝を利用して挿し芽にするのもよいと思います。

ぜひ気軽に挑戦してみてくださいね。

ペチュニアの挿し木の方法

それでは、ペチュニアを挿し木にしていきましょう。

挿し穂には、元気のよいペチュニアを使います。
土は、肥料の入ってない新しい小粒の土がおすすめ。
今回は、小粒の赤玉土を単用で使います。

植物活力素や発根促進剤を使うと成功率がアップしますが、なくてもOKです。

 
ペチュニアの挿し木
 
1 ペチュニアの枝を5~10cm切ります。
      節があるところで切ると発根しやすいです。
 

2 葉っぱを2枚~4枚残し、下の葉は切ります。
      花やつぼみもあれば取りのぞきます。

3 切り口をカッターで斜めに切ります。

4 水に1時間つけて、しっかり水あげします。
      メネデールを100倍に薄めた液につけてもOK。
 

      メネデール 100CC

5 湿らせた挿し木用土に、割り箸で穴を開けます。
 

6 切り口にルートンをつけます(つけなくてもOK)
 

      住友化学園芸 ルートン 15g

7 挿し穂をやさしく3㎝くらい植えつけます。
      茎がぐらぐら動かないようにしっかりと。
 

8 発根するまで、明るい日陰に置きます。
      水を切らさないように管理しましょう。

9 2~3週間ほどで発根したら、植え替えます。

 
植物活力素のメネデールや、発根促進剤のルートンを使うと発根率は上がりますが、ペチュニアの場合は、使用しなくても成功率は高いです。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

住友化学園芸 ルートン 15g
価格:306円(税込、送料別) (2019/5/25時点)

 
生育がよく、何度も切り戻しをするペチュニアは、気軽に挿し穂をとることができるので、活力剤・発根剤を使ったり使わなかったりと、いろいろなパターンを試してみてください。
 

おわりに

ペチュニアの挿し木の適期は真夏と冬を除いた時期。
成功率も高めなので、せひ挑戦してみてくださいね。
挿し芽で増やした苗は、より愛着がわいて、育てるのが楽しくなると思いますよ♪

スポンサーリンク
おすすめの記事