暗闇のなかで無数のホタルが美しく乱舞する光景。
はかなくて、幻想的で、本当に感動しますよね。
今回ご紹介するホタルの名所は、私が子どものころから訪れている思い出の場所。
岡山の山あいにある自然の美しい街、矢掛町宇内にホタルを見に行ってみませんか。

スポンサーリンク

岡山県矢掛町のホタルの里 宇内

星田川の清流が流れる、矢掛町の宇内地区。

矢掛町は、岡山県の南西部に位置します。
美しい山と川に恵まれ、山陽道の宿場町として栄えた歴史のある街です。

宇内では、30年以上も前から住民のみなさんにより「宇内ホタルを守り育てる会」が結成され、ホタルの生息に適した環境づくりや、幼虫の飼育、放流してホタルを増やすといった努力が続けられてきました。

いまでは、県内有数のゲンジボタルの生息地に。
毎年5月下旬から6月上旬には、宇内ホタル観賞旬間が開催され、多くの人が訪れます。


宇内は、私も子どものころから訪れている場所。
静かなところで、川のすぐ近くに民家もあるので、平日の夜そっと寄らせてもらっています。

矢掛町宇内のホタルの数と見頃は?

宇内地区に生息するホタルは、ゲンジボタル。
ホタルの数は250匹です。

おすすめの観賞時期は、5月下旬~6月上旬。
ホタルがよく見られる時間は、20時以降です。

 
ホタルは、公園横にかかる橋の周辺で見られます。
また、公園から離れて、民家があるほうの星田川沿い辺りもおすすめスポットです。
 

宇内ホタル観賞旬間と宇内ホタル祭り

宇内では、今年もホタル観賞旬間がはじまります。
期間は、2019年5月25日(土)~6月3日(月)


ホタル観賞旬間は、井原線矢掛駅から無料の往復送迎バスが運行されます。
また、うないホタル祭りでは、地元団体による出店やステージイベントが行われます。

うないホタル祭り
2019年6月1日(土)
18:30 ~ 22:00ごろ

子ども神楽やバンド演奏などのスケジュールはこちらからどうぞ(PDFファイル)
無料送迎バスや駐車場は、下記をご参照ください。

宇内ホタル見学無料送迎バス

宇内ホタル公園には駐車場がありませんので、井原線と無料送迎バスをご利用ください。

ホタル見学無料送迎バスは予約不要。
井原線矢掛駅からの往復です。

19:15 矢掛駅発
  ↓
宇内ホタル公園到着後、自由見学
  ↓  
20:50 宇内ホタル公園発
  ↓
矢掛駅着

※6月1日(土)のみ小田駅を経由します。

矢掛町・宇内ホタル公園へのアクセス

宇内ホタル公園
住所 : 岡山県小田郡矢掛町宇内69

電車
井原線矢掛駅下車
無料送迎バス運行(5月25日~6月3日)


宇内ホタル公園には駐車場がありません。
井原線と無料送迎バスをご利用下さい。

周辺の駐車場
6月1日(土)のホタル祭りのみ
小田小学校グラウンドが利用できます。

スポンサーリンク
おすすめの記事